« 情報が多すぎる | トップページ | 暮らしに関する意識比較アンケート調査 »

2006年2月 3日 (金)

書く力を向上させるためのイントラブログ

このところイントラブログに否定的なことばかりエントリしてきた気がするのだが、別に導入に反対と言うことではないので、逆の視点から考えてみる。

以前書いたように、自分自身のイントラブログの捉え方は、本人にとってはまず自身の修練が目的であり、会社としては本人の成長のために導入するのが良いのではないか、と考えている。情報発信や情報共有がないとは言わないが、最初からある必要はない。

ただ、評価が難しいのは確かだろう。ここでの「本人の成長」というのは地力の話だから、即効性のある形で見えてはこないのだ。これは会社だけではなく、実は本人にとっても苦しかったりする。
しかし、きちんと目的を持って書いてさえいれば間違いなく書く力は向上する。

ポイントは「書く力の向上」なのだ。イントラブログの場合これが一番大切なことではないか。

ここでブログの持つ性格が生きてくる。

いわゆる業務レポートはつまり報告書だから、書く段階で本人の書く力が試される余地はほとんどない。最低限の書く力は必要だが、むしろ必要なのは「相手の読みたいことは何か」を把握する力だろう。
これはメールにも同じことが言える。メールにせよ報告書にせよ、書く相手(ターゲット)ははっきりしているから、実は書く力よりもコミュニケーション力の方が試されていると言える。それに大抵は「求められて」書くものだから、内容自体が限定されている。

一方、掲示板のような場で自分の意見を書く、というのはかなりハードルが高い。あっさり越えてしまう個性の持ち主もいるが、これはどちらかというと希なケースだろう。断っておくが「自分の意見」ということは匿名ではなく実名で書くと言うことだから、掲示板といってもインターネットの掲示板とは意味が違う。

そこでブログなのだが、最初は本当に「自分の考えをまとめるためだけに」スタートすることができる。スモールスタートができる、というのがまずポイントだ。そしてその後の展開も個々人の事情にあわせることができる。

自分の考えを書くということを続けていると、どこかで他の人にも読んでもらいたいと思うようになる。認知欲求という奴だ。すると読み手を意識して書くようになる。こういった経緯を経た場合、内容は自分の意見を維持したまま、表現を工夫するようになるはずだ。いきなり掲示板では、表現を工夫するつもりで、内容自体変容してしまう可能性が高い。

自分の意見は保持したまま、他の人に読んでもらえるように書く、というプロセスが、書く力を鍛えることにつながる。

・・・いやいや、それは別に「イントラ」ブログである必要はないんじゃないか、という指摘もあるだろう。
実は純粋に「個人的な」意見を書く場合はその通りである。そうではない内容、会社に対する意見、仕事に対する意見を書く場合に、イントラブログは意味を持ってくるのだ。

時間切れ。いつか続く。

|

« 情報が多すぎる | トップページ | 暮らしに関する意識比較アンケート調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/8479130

この記事へのトラックバック一覧です: 書く力を向上させるためのイントラブログ:

« 情報が多すぎる | トップページ | 暮らしに関する意識比較アンケート調査 »