« 暮らしに関する意識比較アンケート調査 | トップページ | ナレッジマネジメント事例の紹介 »

2006年2月 7日 (火)

キーワードを絞り込む

散財.comというSNSを見つけた。

最初に見たときの感想はこんな感じだったのだが、しばらくしてこのようなことも考えてしまった。

イントラブログでも、案外こういったアプローチもありかもしれない。これまで書いていた「個人の能力向上」ではなく、いわゆる情報共有を目指す場合、なんらかの共通のキーワードで括ってしまうという方法はあるだろう。
というよりも、そうでなければなかなか情報の共有にはつながらないような気がする。

チームブログの場合も、どちらかというとチームSNSのように個人ではなくチームが結びつくような仕組みってできないだろうか。プロジェクトSNSでも良いが、特に仕事の情報共有は個人単位ではなくチーム単位でやった方が効果的なはずだ。

プロジェクトを進行させる上での必要なガイドラインを提示し、それにそって各プロジェクトが記入した内容をシェアしていくことで、互いのレベルのすりあわせもできるし、思わぬ発見もありそうな気がする。単なる日記では時系列に見ていく必要があるが、体系的に整理されキーワードでリンクされていれば単発でも参考になるエントリは多いはずだ。

時系列に記録していく要素を弱くして、トラックバックのようなネットワーキングの要素を強化すれば、また別の活用方法が出てくるような気がする。

営業だったら・・・得意先.comといったように、自分ではなく相手を中心に据えたSNSもありではないだろうか。

|

« 暮らしに関する意識比較アンケート調査 | トップページ | ナレッジマネジメント事例の紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/8545079

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードを絞り込む:

« 暮らしに関する意識比較アンケート調査 | トップページ | ナレッジマネジメント事例の紹介 »