« 「安全」の捉え方 | トップページ | 情報を巡るパワーゲーム »

2006年3月 1日 (水)

経営トップのイントラブログ

2月27日付の日本経済新聞に「日本的組織のトップの役割 経営理念浸透に率先」という寄稿があった。
産業再生機構マネージングディレクターの小城武彦氏の寄稿なのだが、日本的経営には4つの特徴があるのだそうだ。

1.終身雇用と年功的要素を加味した人事評価体系
2.権限委譲による中間管理職層の裁量の大きさ
3.株主からの弱い規律
4.内部から昇格する経営者

2番目の特徴が面白い。
小城氏によると「中間管理層に大きな裁量がある日本的組織においては、大きな戦略変更がない限り、中間管理層のレベルで多くの事象に対応可能となる」のだそうだ。そのため、相対的に経営トップのやることが少なく見えてしまうのだという。

それでは大きな戦略転換などをしない時、経営トップは何をするべきか。小城氏は「会社の使命や社員が取るべき行動規範を社内に浸透させる活動を愚直に継続し、社員の視座を高い位置に引き上げる努力を行う」ことなのだそうだ。

ところが、意外とこういった役割が中間管理層に求められてしまったりしている気がする。経営トップが社員一人ひとりに語りかけるのは限界があるからだ。

さてそこでイントラブログの話になるのだが、こういった活動においてイントラブログは効果を持つのではないか。
社長ブログはどちらかというと社外向けのマーケティングやリクルーティングの一環であることが多いが、そうではなくあくまでも社内に対して行うという視点もあるはずだ。一種のリスクマネジメントでもある。

無論、ブログだけで何とかなるという話ではない。一番大切なのは直接語りかけることだ。が、実際問題として会社が大きくなれば、そういったことはそうそう容易ではない。そして会社が大きければ大きいほど、こういった語りかけは重要になってくる。

ブログの良いところは、イントラネットに挨拶をのせるといったことと違って「生の声」が反映されやすい点だ。だからこそトップ自身が書くことに意味がある。社員が書くのも重要だが、意外とトップこそイントラブログを書く必要があるのかもしれない。

|

« 「安全」の捉え方 | トップページ | 情報を巡るパワーゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/8888648

この記事へのトラックバック一覧です: 経営トップのイントラブログ:

« 「安全」の捉え方 | トップページ | 情報を巡るパワーゲーム »