« 道具的な外来語 | トップページ | 匿名・実名とはどんな状態か~その1 »

2006年3月30日 (木)

連想ゲームとしてのトラックバック

先日iUGでインタビューさせていただいた大川さんのブログディスカッションDBからの脱却~その1~を読んで「なるほどなぁ」と思ってしまった。

こんな一節があったのだ。

しかしトラックバックは、人間の連想ゲーム思考をうまく利用して、議論を深め、新たな気づきを得ることを推進します。

思わずコメントもしてしまったのだが、このトラックバック=連想ゲームというのが、実はトラックバックの本質なのかもしれない。

個人的に他の人のブログを読んでいて、コメントするかトラックバックするか、迷うことがある。
そのエントリに対する意見があるとして、それはコメントするべきだろうか、それともトラックバックするべきだろうか、と悩んでしまうのだ。

自分の場合、基本的に「自分の書くものは自分でコントロールしたい」という欲求が強いため、トラックバックをすることが多いのだが、それがエントリへの意見である場合に、本当にトラックバックで良いのかという疑問が頭をよぎる。

ビジネスブログにおけるトラックバックの効果として「自分の庭に落書きする奴はいない」つまり、荒れにくいというものがあるが、一方で「自分の庭だから自由に書ける」という側面もある。ところがあるブログのエントリに対する意見を書く場合に、果たしてそれがフェアなのか、とふと思ってしまうこともあるのだ。

これが、意見=コメント、連想=トラックバックとすると、かなりすっきりしてくるような気がする。

つまり、最初のエントリをテーマにした意見はあくまでコメントの形で交わし、そうではないのだが思わぬ着想を得たというような、ある意味「脱線」はトラックバックする、と考えると両者の使い分けがすっきりするし、ナレッジマネジメントのツールとしてのブログの位置づけ、特に掲示板との違いがはっきりしてくるのだ。

他人の意見を読んでいて、本人の意図とは全く違うところに反応したくなることは多々ある。
ただ、そういった部分をコメントしてしまうと、結果としてツリーが乱れてしまうことが多い。

そこで、意見の趣旨とは全然関係ないけれども引っかかった一言とか、ひらめいた思いつきはトラックバックする。そうすることによって、一見異質なエントリが思わぬ形で関連づけられる。それこそがブログにおけるトラックバックの最大の特徴ではないだろうか。

さて、そんな視点で見てみると、実は大川さんが悩みとして書いている「ディスカッションDB化」というのは、別にそれはそれで構わないのではないか、という気がしてくる。むしろ通常のブログの欠点は、そのテーマに対する深耕のためのコメント機能が弱い点とさえ思えてくるほどだ。

コメントの種類によって、それが連想的性格のものであればトラックバックに切り替えてもらえばよいし、そういったエントリも推奨していくことで両者の理想的な融合が図れるのではないか、という気がしなくもない。

|

« 道具的な外来語 | トップページ | 匿名・実名とはどんな状態か~その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/9328631

この記事へのトラックバック一覧です: 連想ゲームとしてのトラックバック:

« 道具的な外来語 | トップページ | 匿名・実名とはどんな状態か~その1 »