« ブログが「自分の場所」であること | トップページ | 一休み »

2006年7月31日 (月)

ブログは「情報発信」のツールなのか

先日のエントリから続くのだが、ブログを「簡単にウェブページを更新できる」ツールではなく「個人のスペースを提供する」ツールであると捉えるのであれば、そもそも「情報発信」とは別の次元で捉えることはできないだろうか。

いやいや、そもそもブログは情報発信のためのツールだろうか。もちろんその機能は持っている。が、情報発信という機能において「個人のスペース」であることはあまり意味がない。大体、それでは非効率だ。「敷居の低さ」なんてメリットは吹き飛んでしまうぐらい、「組織内の」情報発信ツールとしては非効率である。
(だからブログポータルという話が出るのだ。しかし、ポータルに表示されるというのは、そもそも個人のスペースであることには意味がないと言っているのと同じではないか。)

ブログを、特にイントラブログを、「個人のスペース」として捉えるのであれば、これは「情報発信のツール」とは捉えない方がいい。そしてそれは同時に「情報発信の敷居の低さ」にも、何ら関係ないということだ。

むしろ、個人のスペースであることを強調するのであれば、ブログは「個人の記録(ログ)」であると割り切った方が良いのではないか。ようするに日記である。公開はされ、読まれることは前提となっているが、他人へのメッセージではない記録。情報発信というのは、他者へのメッセージということだが、個人のスペースがその機能を持つことは、逆に「無責任なメッセージ発信」につながりやすい。

そうでなく、情報発信を目的にするのであれば、それは個人ではなく組織のブログであるべきだ。結果として書き手が1人しかいなくても、「個人」なのか「組織」なのかははっきり峻別した方がいい。

で、組織のブログのあり方はこれは当たり前なので置いておくとして、それでは個人のブログとはどういった価値を持つだろうか。

|

« ブログが「自分の場所」であること | トップページ | 一休み »

コメント

 はじめまして、こんにちわ。
いつも考えさせられるお話を拝見させて頂きありがとうございます。

 Blogというツールが世に出る前は、掲示板が情報の交換の
大きな割合を占めていたと思いますであったと思います。
掲示板は意見、情報の交換の場であるため誤った、又は偏った主張に
対しては、それに対する反論がつきました。スルーされる場合も
ありましたが。

 Blogは管理者によって、その場の「空気」が変わると思います。
管理者が意見交換を求め、それに対してきっちり考えるのであれば
読者はコメント欄に意見を書きます。しかし、「空気」が反論意見や、
時としては疑問でさえ許さない時もあります。そんなブログほど
コメントが尋常じゃないぐらいついてたりするんですけどね(笑)。
「そうですよね~。」「私もそう思います!」とか大量に。

 少し前に、Web上のニュースで紹介されていたBlogに対して、
疑問意見を投げかけました。そうすると、まぁ反論意見が
管理者様を初めとし、閲覧者様からも続々と(苦笑)。
疑問意見に対して反論意見…?

「Blogは個人の情報発信ツールなのですから、どちらの意見が
 正しいという論議をする場所ではありません。
 したがって、貴方の意見を言うのであれば、貴方のスペースで
 主張すればいいじゃないですか」

とのレスを頂きました。まぁ、そのBlogではまったくもってその通り。
ただ、私は疑問を投げかけただけで意見も反論も書いてなかった
のですがね。

 ただ、あまり建設的ではありませんよね。
集団で勘違いした方向に向かっていく可能性もありますし…。
更に、コメント欄へのレスポンスは「肯定」から入らないと、
「Blog参加の審査」にさえ通らない可能性が(笑)。
やはり私は、自分の意見に対してできるだけ多くの反論や
意見を聞きたい側ですので、こういった空気は。

 それもこれも、全て管理者次第、なのでしょうね。

投稿: うでまくら | 2006年8月 2日 (水) 15時38分

こんにちは コメントありがとうございます。

管理者次第、というのは確かにあると思います。それこそが「個人のスペース」である所以ですから。
コメントの受け取り方も人それぞれなので、扱いは難しいですね。最終的には「そういう意見もある」という寛容さが重要になってくると思います。

そうそう、寛容さといえば、以前このようなコラムを読んでなるほど~と感じたことがあります。

http://homepage1.nifty.com/masada/manage/compromise.htm

日本人は意見の内容そのものよりも、対立という状況そのものに対して不快感を感じることが多く、それがおっしゃるような管理者の姿勢にもつながっているのではないか?という気がします。

投稿: ProjectK | 2006年8月 3日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/11162918

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは「情報発信」のツールなのか:

» 情報発信は何のためか [ENIGMA VARIATIONS]
先日のエントリにコメントをいただいた。その中で、あるBlogにコメントしたらこん [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 08時05分

« ブログが「自分の場所」であること | トップページ | 一休み »