« カテゴリの見直し | トップページ | アンケートの印刷 »

2006年11月15日 (水)

いじめは子どもの世界の問題か

最近子どものいじめ問題が騒がれているが、おとな達が取り組まなければいけないのは「子どもの」いじめ対策ではなく「おとなの」いじめ対策ではないかという気がする。自殺の問題もそうだが、子どもの世界で起こっていることは結局おとなの世界の鏡写しなのではないだろうか。

言葉を換えているが、セクハラ、パワハラなどはいじめではないのか?子ども達のいじめ問題を叫ぶおとな達は違うモノと捉えているような気もするが、そんなことはないはずだ。
もっとひどい組織的ないじめさえある。偽装請負や外国人労働などは最たるものだが、そういった問題も解決できないおとなの社会に、子どもの社会を変える力はあるのだろうか。

例えば教育界では履修単位不足の問題も発生しているが、それに伴って校長先生が自殺している。あの自殺は関係者、メディア、社会によるいじめの結果ということは言えないだろうか。子どものいじめによる自殺と本質的に何が違うだろうか。

彼らには責任があった、というかもしれない。責められるだけのことをしたというかもしれない。でもそれは「おとなの理屈」だ。「いじめられる側にも原因がある」という子どもの理屈と実はあまり変わらない気がするのだ。
「彼らに解決する責任がある」というのは「いじめられる側ががんばる必要がある」という理屈とどう違うのだろうか。

(そもそも一部の識者は「どんな理由があれいじめはいけない」とか「いじめられる側が悪いなんてことは絶対にない」と言っているではないか。そう、理由は関係ないのだ。)

厳しいようだが、ある問題に対し関係者であるなら、どんな人にも対処の責任の一端はある。一方無関係なら本来口を挟む権利はない。口を挟むということは関係者になるということであり、責任の一端を負うということだ。

まずはおとなの世界でのいじめを何とかすることが必要なのではないだろうか。そこから目を背けて子どもの問題に大騒ぎをしても、長い目で見れば何の解決にもつながらないような気がする。

|

« カテゴリの見直し | トップページ | アンケートの印刷 »

コメント

こんばんは!
大木さんのブログからお伺いしました。とても納得できます。
大人のいじめには悪質なものが多いのですが、「自分も以前は」という経験談が真剣に受け取られることは少ないように感じています。

投稿: 手文庫 | 2006年11月16日 (木) 01時21分

コメントありがとうございます。
おとなのいじめに悪質なものが多いのは、それだけいじめのスキルを持っているということになるでしょうか(笑)

パワハラなどのように言葉を置き換えて細分化していくことで、逆にいじめとしての本質が見えにくくなっているのではないか、という気がします。
ただ、一方で細分化した方が対処も明確になるので、実は子どものいじめもそういった形で対策を考えていくのが良いのかもしれません。
「いじめ」がだめなのではなく「暴力」とか「暴言」とか「しかと」とか、一つ一つを具体的に問題視した方が良いのではないでしょうか。

投稿: ProjectK | 2006年11月16日 (木) 08時22分

おっしゃることに、全面的に賛成です。子供の世界は一般の世界の一部ですよね。子供にだけ理想的な社会を期待することはできませんし、校長を追い詰めるようなメディアの報道にも、違和感をかんじていました。
また、暴力やかつあげは犯罪です。子供を大人と同じ犯罪者として扱うのは問題ですが、しかとと同じ「いじめ」ととらえていては、先へ進みません。

投稿: yoshida | 2006年11月16日 (木) 10時05分

コメントありがとうございます。

確かに個別には「いじめ」ではなく「犯罪」ととらえたほうがよいのではないか、という気がします。
セクハラも社外でやったら痴漢という犯罪に類するものがありますが、逆にイメージを和らげている一面があるかもしれません。

いじめって概念が広すぎるし、解釈でなんともなってしまうんですよね。だからいじめる側といじめられる側で認識が異なってくるのだと思います。

投稿: ProjectK | 2006年11月17日 (金) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/12693824

この記事へのトラックバック一覧です: いじめは子どもの世界の問題か:

» いじめという問題 [「走れ!プロジェクトマネージャー!」]
 いじめについては、軽々しく書けずにいました。そんな中、オルタナティブブロガーの [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 10時36分

» 「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報 [債務整理(任意整理)]
「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報 いじめの問題が後を絶たないですが、 命を絶ってそれで終りという悲しい現実が社会問題としてあります。 借金で死ぬ人 人間関係で死ぬ人 死が本当の解決じゃない事わかってるけど、 なんで、安易に大切な命を絶ってしまうのか・・・・ 国民病?なんて安易に無責任に名前をつけること自体、許せません!!...... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 00時28分

» 【いじめ】 命を軽視しないで!女優の志田未来さん出演 [赤ちゃんのびのび育て!ママの子育て大辞典♪]
僕は両親に恵まれているほうだと思う。だからと言うわけではないが、「幸せ」を感じたときは両親にありがとうって言うよ?産んでくれてありがとう^^ 今回のドラマも僕と同世代の子が主人公を演じ、僕らの世代の仲間へ何かを伝えようと・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 22時20分

» いじめに打ち勝ち15歳中学生が消防設備士資格試験に合格!! [東京消防庁を目指す!!消防官への道]
火災報知機の工事・点検などを担う資格に「消防設備士」があります。消防設備士の甲種第4類は大卒か実務経験者などが受験資格になるため、合格率は32.7%(昨年度)の難関となっています。... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 16時42分

« カテゴリの見直し | トップページ | アンケートの印刷 »