« 人の話を信じるということ | トップページ | ブログやSNSを第二のタバコ部屋にして良いのか? »

2006年12月27日 (水)

フィードバックの連鎖を生むために

光栄なことに、同じエントリに二つもトラックバックをもらってしまった。

宝(成功)を生み出すためには一定数のクズ(失敗)も必要なはず
SNSはフィードバックの社会

どちらも「質を上げるためには、一方でそれに数倍する「クオリティの低い」記事の量産も容認する必要がある。」という部分に賛同をいただいたものだ。

実はこれは自分自身がブログを書いて得た実感でもあるのだが、もともとは「アイデアマラソン」の考え方を踏襲したものだ。ブログではなく社内のアイデア掲示板に「使える」アイデアが出てこないことを嘆く人に対し、そもそもそう簡単に「良いアイデア」は出てくるものではない、という説明として使っていた理屈である。

宝(成功)を生み出すためには一定数のクズ(失敗)も必要なはずで書かれているように、タバコ部屋や飲み会の雑談と同じなのだ。違うのは、良いアイデアを拾い上げられる人の数とタイミング面で有利な一方で、そうではないアイデアも同様に記録としては残っているので、正反対の印象を生み出してしまうことだ。

ついでにいえば、リアルなコミュニケーションの場でのやりとりと違って、フィードバックが必ずしもあるとは限らない。「良いアイデア」だと思った人がいても、タバコ部屋ならその反応を見ることができるが、ブログや掲示板では必ずしもその反応が出てこないため、それが実は良いアイデアであったことが必ずしも周囲に(本人も含めて)伝わらないのだ。

そういった意味で、SNSはフィードバックの社会で書かれているようなフィードバックの連鎖はきわめて重要である。ただ、トラックバックはともかく、コメントはなかなか連鎖までは生み出しにくい。

そこで、インターネットでは不可能だとは思うのだが、同じプラットフォームを使うイントラネットのブログならではの機能としてぜひ欲しいのが、コメントを投稿者単位で管理・閲覧できる機能だ。その人のブログのトップから、ブログのエントリーだけでなく、他のブログへのコメントも見られるようにして欲しい。

コメント機能をなくして、すべてトラックバックでフィードバックするという方法もあるが、コメントならではのインターフェースも捨てがたい。一方で、キラリと光るコメントを見たときに、同じ人が他にどのようなコメントをしているのかを追いかけられるようにすれば、さらに思わぬフィードバックの連鎖を生み出せるのではないだろうか。

すでにインターネットのブログでも実装されていたらごめんなさい。

|

« 人の話を信じるということ | トップページ | ブログやSNSを第二のタバコ部屋にして良いのか? »

コメント

連鎖を生む仕組みづくりを考えるのは面白いですね。
確かにコメントのみで連鎖を生み出すというのは難しい気がします。
システム側で、コメント・トラックバック・ブックマークなど、個人のアクションがわかりやすく可視化してあると、そこから「予想外」な発見を生み出す事ができる「可能性があがる」のでしょうね。
この可能性があがるという点が既に可視化されていないわけですけど^^;

投稿: George | 2006年12月27日 (水) 15時46分

そうですね・・・結局の所、暗黙知というか「最後は人」の部分はあるのだと思います。システムはその人に可能性を与えることはできますが、パフォーマンスを生むのがシステムではなく人だとすれば、そこに可視化されない不明瞭な領域が生まれてしまうのは仕方ないかもしれません。

ただ、システムで可視化が可能な領域は可能な限り可視化するというアプローチは必要なものではないかと思います。

投稿: ProjectK | 2006年12月28日 (木) 20時01分

2007-01-15-0077
こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。年初から米国に滞在しています。今、シリコンバレーです。そのせいか、この大事なブログを見逃してしまいました。電子データとして発想を共有化する場合の連鎖反応は、電子アイデアマラソンにとって、最大の研究課題です。
この当たりはぜひとも、一緒に研究したいと願っております。いかがでしょうか?
http://www.idea-marathon.net/を通じて連絡が取れます。19日には、日本に帰国予定です。

投稿: 樋口健夫 | 2007年1月15日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/13215922

この記事へのトラックバック一覧です: フィードバックの連鎖を生むために:

» コミュニケーションの連鎖がニーズに応える [Blog/SNS/CMSの使い処]
昨日のエントリで引用させて頂いた、ENIGMA VARIATIONSさんが、さらに発展させてくれたので、「社内コミュニケーションを活発にする」という事について考えてみる。 社内SNS・イントラブログに求められている...... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 18時26分

» ブログやSNSを第二のタバコ部屋にして良いのか? [ENIGMA VARIATIONS]
自分自身の昨日のエントリの異を唱えるようで恐縮なのだが、ブログやSNSがタバコ部 [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 08時08分

» アイデアマラソンとノートとほぼ日手帳 [ENIGMA VARIATIONS]
先日書いたエントリーがきっかけで、アイデアマラソンの提唱者である樋口氏とコンタク [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 08時07分

« 人の話を信じるということ | トップページ | ブログやSNSを第二のタバコ部屋にして良いのか? »