« サイレントチェロ | トップページ | 熟考せずに書くリスク »

2007年1月 9日 (火)

三度ほぼ日手帳の使い方を考える

新年に入り、新しいほぼ日手帳を使い始めた。
大きく使い方を変えるわけではない。今のところはほぼ昨年通りの使い方だろう。

月間スケジュールのページは、その日の「占有(される)時間」を視覚的に把握できるようにおおざっぱなキーワードを枠で囲んで予定として記入する。多くは「動かせない」予定だ。

社内の予定を赤字、外出の予定を青字、個人的な予定を緑字、その他諸々を黒字で書くことで、パッと見て時間の空き具合が分かるようにしてみた。
もっとも仕事の予定はこれから入ってくるので、今のところは休日の緑字の予定ばかりが目立っている。
(日曜日は1日緑で埋まっている・・・。)

日々のページは、その日の朝に記入する。TODOをメモし、左の時間軸にあわせて予定を記入する。
その他作業の記録(メモ)も、予定の空いているところに可能な限りつけるようにする。

右側はメモとして使う。といっても、それほどメモするようなことはない。正直なところ、この欄はもう少し工夫が必要だ。以前はかなり大きな文字で書いていたのだが、今は小さく書いているので、見た目がごちゃごちゃしているのも、もっとすっきりさせたい。

それから、ENIGMAやCSR日記のためのメモをページの下から書いていく。思いついたことをメモするだけなのだが、不思議なことにこれが書かれていない日は頭を使っていないような気になる。

後は年間インデックスのページだ。最初はこのENIGMAのインデックスとしても考えたのだが、自分が書いているのはENIGMAだけではなく、といって書いているブログのタイトルすべてを書くほどのスペースはない。どうしたものだろう。

いずれにしても、まだまだ模索中というのが正直なところなのだが、時々こうやって整理しながら、自分なりの使い方を探していくことにする。

|

« サイレントチェロ | トップページ | 熟考せずに書くリスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/13398670

この記事へのトラックバック一覧です: 三度ほぼ日手帳の使い方を考える:

« サイレントチェロ | トップページ | 熟考せずに書くリスク »