« 組織風土の問題 | トップページ | コミュニケーションの促進をどう測定するか »

2007年1月24日 (水)

一つのエントリーへの連続トラックバック

先日のiUGの研究会について、ぼちぼちトラックバックが付き始めているのだが、そのあたりを改めて書こうとしてハタと気付いた。

・・・同じエントリーに対して同じブログから次々トラックバックがあったら、ちょっと変かも・・・。

まぁこちらからの一方的なリンクにしてもよいのだが(今回はそうしておくが)、それでは相互リンクとしてのトラックバックの機能を生かし切れなくなる。個人的にはこちらからリンクをした場合、相手方にトラックバックをしておくことで、相互の情報(意見)交換につながる、という意識があるので、どうも一方向というのは気持ちが悪い。

イントラブログで、そういったトラックバックを活かそうとした場合、こういった問題に直面することはないだろうか。感覚として、同じエントリーに対して次々トラックバックをするのはちょっと抵抗があるのだが、「意見を交わす」「(ブログをきっかけとして)アイデアを生み出す」と考えた場合、そういったことはままあるだろう。

掲示板なども同様で、最初の投げかけに対し、特定の一人が返答もないのに次々とコメントを書いていたら、ちょっと違和感を感じてしまう気がする。「コメントは一人一回まで!」という感じだ。(もちろん、最初の投稿者から返事があった場合はそれに対する返事はできるが。)

こういった部分は技術ではなく文化の問題ではあるのだが、実際のリアルな会話ではままあることなので、ネットだから(恐らくは前のコメントやトラックバックが記録として残っているから)という事情がある感も否めない。

どうなのだろうか。自分はトラックバックやコメントをそれほどしているわけではないので、このように感じているのだが、すでにブロガーの世界では異なってきているのだろうか。一つのエントリーに次々トラックバックしたり、次々コメントしたりというのは、別に違和感はない行動なのだろうか。

|

« 組織風土の問題 | トップページ | コミュニケーションの促進をどう測定するか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/13638901

この記事へのトラックバック一覧です: 一つのエントリーへの連続トラックバック:

« 組織風土の問題 | トップページ | コミュニケーションの促進をどう測定するか »