« 個人の倫理観と社会システムの限界 | トップページ | グループウェアとは何か »

2007年7月17日 (火)

エコバッグ狂想曲

アニヤ・ハインドマーチ製のエコバッグが大騒ぎだったらしい。ニュースで見ただけだが、本当にエコバッグとして使うのは殺到した人たちの何割(何%?)だろうかと思いながら、こういった仕掛けを環境NPOなどはもっと考えても良いのではないか、という気もした。
(いやいやパニックを演出しろ、という訳ではもちろんない。)

一つはエコバッグに「使いたい」という気持ちを持たせることだ。無料で配布されたバッグをどれだけ使う気になるか、というのは、じつはかなり微妙なところで、仮に無料でもプレミア感(希少価値だけでなく、希少でかつ広く知られていなくてはならない)を持たせることができなければ、使うモチベーションにはならない。

環境に優しい、だけではそうそう便利さには勝てないのだ。使わない人たちの意識を嘆くのは簡単だが、それは使わせようと思っている人たちの言い訳にすぎない。

もう一つは、今回の騒ぎは行きすぎだが、うまくプレミア感を演出できれば、企業がこれを「商売」に出来るということだ。エコのためのエコバッグの配布ではなく、ビジネスとしてのエコバッグの販売という流れは作れないか。レジ袋を有料販売するよりは、商品としてエコバッグを買ってもらった方が、企業にとっては良いに決まっている。

ユニクロのコラボTシャツではないが、そういった各企業のブランドとコラボレーションしたエコバッグを作って(数量限定で)販売してみたらどうなのだろう。イオンぐらいであれば、自社ブランドよりも取引先ブランドでエコバッグを作って販売した方が、実は面白いような気もする。

そんなことを考えながらスーパーに買い物に行き、ふと周囲を見回したら意外とエコバッグ(というか、買い物袋)持参の比率が高いことに気付いた。周りが使うようになれば、追随したくなるのが人の常だから、そういった様子を見せるのも良いかもしれない。

ちなみにレジ袋に関しては、「要りません」と言わせるのではなく、必要な人は自分で買い物かごの中に入れるような仕組みにすれば良いと思う。ついでに言えば、レジ袋を有料にするのではなく、レジ袋を使わない人は○円引き、みたいな形で実質有料にするという方法ではどうだろうか。

|

« 個人の倫理観と社会システムの限界 | トップページ | グループウェアとは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/15785722

この記事へのトラックバック一覧です: エコバッグ狂想曲:

« 個人の倫理観と社会システムの限界 | トップページ | グループウェアとは何か »