« 仕事と生活との調和 | トップページ | 個人の倫理観と社会システムの限界 »

2007年7月12日 (木)

安全確認による遅延

今朝地震があり、通勤に使っている京王線のダイヤが乱れた。安全確認のため速度制限をかけていたのだが、おかげで普段座れる電車に乗ることもできず、久しぶりに満員電車に揺られる羽目になった。

・・・疲れた。

それはさておき、ホームに着いたときに「今朝方地震があった関係で安全確認のため電車が遅れ申し訳ありません」といった趣旨のアナウンスが流れていた。地震は天災だし、安全確認無しで通常通り走らせて事故が起こったときのことを考えれば、謝るような筋合いではない気もするが、乗客としては誰かに謝ってもらって不満のはけ口を見いだしたいわけで、それを受け止めるためには結局しょうがないのだろう・・・なんてことを考えた。

実際、安全確認のための徐行は、褒められこそすれ非難されるようなものではない。本当は「素晴らしい判断だった」「さすが安全第一の精神が徹底されている」と褒めればよいものだが、何も起きなければ「遅れやがって」となってしまうのが、悲しいところだ。

こういった部分にプラスの評価をしていけるような仕掛けってないのだろうか。「安全」と叫んでも、そのサービスを享受する側がプラスのフィードバックができない(しにくい)ようでは、より高い安全にはつながっていかない気がする。

京王のホームページに、今日の判断を褒めるようなコメントでも入れてみようかな・・・。

|

« 仕事と生活との調和 | トップページ | 個人の倫理観と社会システムの限界 »

コメント

素敵ですね。ホッコリ、心が温かくなりました。

電車が遅れると、駅員さんに食ってかかって文句を言う人を時々見かけますが、
その駅員さんが悪いわけでもなく、
ベストを尽くして対応してくれていると思うんですよね。

皆が、もっと相手の立場に立って物事を考えられるようになると、
今より温かい世の中になるような気がします。

素敵な記事を、ありがとう。。!

投稿: エンジェルハート | 2007年7月12日 (木) 16時15分

エンジェルハートさん コメントありがとうございました。

正直、エントリーの内容はキレイ事すぎるかな、という気もするんですけどね。

個人的に注文をつけるとすれば、京王さんはこういった機会に自社の安全確認の基準や今回の安全確認の結果を公表していけば良いのではないか、という気がします。
そういった部分が見えないので、謝罪を受け入れて不満をぶつけるしかないような状態に陥ってしまうのかな、と。

投稿: ProjectK | 2007年7月13日 (金) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/15732171

この記事へのトラックバック一覧です: 安全確認による遅延:

« 仕事と生活との調和 | トップページ | 個人の倫理観と社会システムの限界 »