« 数字で判断する感覚 | トップページ | パソコンを手放すことはできるのか »

2007年7月30日 (月)

選挙の「勝敗」

参議院選挙が終了した。今回は選挙区が違うとはいえ知り合いが出馬していたので、いつもよりは多少注目していたのだが、投票そのものは何事もなく、結果は民主党の大勝、自民党の大敗で終わったようだ。

昨日の夜は選挙特番一色だったのだが、その報道を見ながらふと考えてしまった。選挙というのは「勝敗」で語られるようなものなのだろうか。表面的には確かに勝負として勝ち負けで考えるのが分かりやすいのだが、では例えば、当選した候補者に投票した人間は勝ち組で、落選した候補者に投票した人間は「負け組」なんだろうか。

当選した結果、支持者だけに利益が分配されるのであれば、それはまさに「勝ち組」といえるだろう。そういう利益誘導のことを示しているのだろうか。

まぁそれは冗談としても、この「勝ち負け」という結果で語るのが、選挙において本当に良いことなのかということが気になった。代表者である議員を選ぶ選挙は、今後数年の政治のスタートであって、過去数年の政治のゴールではない。それを勝ち負けという結果で考えるのは、なんとなく「選んで終わり」みたいな感じがしてしまうのだ。

選挙がゲームであればそれでも良いのだが、もちろんそうではないと多くの人が言うだろう。であれば、他に何かうまい言い回しはないものだろうか。

|

« 数字で判断する感覚 | トップページ | パソコンを手放すことはできるのか »

コメント

まさに僕が考えていたことが、ここに書かれてます。(^^)
仰るとおり、勝敗は彼ら政党の理論であって、我々には何の関係もないわけです。
あれって、大学合格をゴールにしている人たちに通ずるものがある気がします。本来は大学卒業後が目的であるはずなのに、合格で満足してしまう。
その結果、4年間プラプラしていて、就職の時にはもぬけの殻状態。。。
大学生の場合は、自分または親の金でプラプラしているわけですが、政治家の場合はそれを税金でやってくれちゃいます。
もちろんこれは我々にも責任がない、とは言えないですね。選んだ後、彼らを見守っていく。場合によっては、何らかの手段で口を出していくくらいの姿勢が必要な気がしました。(夜中に反省しておりましたです・・・)

投稿: ooki | 2007年7月30日 (月) 08時49分

ookiさん ありがとうございます。

政党側の姿勢もそうなんですが、マスコミの報道がそれを煽るのが気になって仕方ありませんでした。
「敗者」である安倍さんから「辞任」の言葉を引き出そうと何度も食い下がったりとか、他に聞くことはないのかよ、と突っ込みつつ、勝ち負け以外の着眼点が彼らにはないんだろうな~と感じていました。

で、その時の勝ち負けだけでしか政治家にプレッシャーをかけないから、勝負が終わってしまえば好き放題をする・・・そんな構図があるのかもしれません。

投稿: ProjectK | 2007年7月31日 (火) 08時07分

こんにちは。
おじゃまします。

仰るとおりだと同感いたします。
不肖のはちょっと異なる視点なのかも知れませんが、選挙特番テレビについて、キャスターやゲストの主観はいいから事実の報告だけやってほしいと思っていたのですが、安藤も古館も鳥越も紳介も、視聴率とるためのバラエティトークになっているようしか見えずがっかりしました。
「これからどうする」よりはるかに「どうしてこうなったのか」ばかり聞き出そうとする姿勢に吐き気がした次第です。

投稿: トラパパ | 2007年8月 1日 (水) 12時17分

トラパパさん こんにちは コメントありがとうございます。

確かに、事実の報告を淡々とやって欲しかったですね。それに対して主観的な意見を言うのは「私たちの」領分であって、「彼らの」領分ではないのだと思います。

しかも、その主観が画一的でおもしろくないとなると、本当にまったく意味がないというか、一人ぐらいは別の視点から突っ込むことが出来ないのか、という気がします。共同放送にしてキャスター同士が意見をぶつけ合うぐらいの度胸があって欲しいものです。

投稿: ProjectK | 2007年8月 1日 (水) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/15945186

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の「勝敗」:

« 数字で判断する感覚 | トップページ | パソコンを手放すことはできるのか »