« 自衛のための武力行使 | トップページ | 幻想交響曲への指示(の一部) »

2007年7月 2日 (月)

非公開のプロフィール情報の活用

土曜日にiUGの第6回の研究会があった。
ここしばらくグループディスカッションに参加していなかったのだが、今回はどっぷりと参加。言葉は変だが「堪能」した。
社内ブログや社内SNSを使う立場でも運営する立場でもないが、やはりそういったテーマでディスカッションするのは楽しい。

盛り上がったのは、SNSのプロフィールについて、
・自分で登録する情報
・他人が評価する情報
・システムが解析する情報
というのを組み合わせることが出来ないか、というものだ。

事例紹介の中で、他人にタグ付けするという機能が紹介されて、それに触発されたのだが、自分ではいかんとも評価できない部分を多面的に評価するために、自分で登録する以外の情報を増やしていくアプローチはできないか、と考えた。

他人のタグ付けや投票による評価、コメントによる評価の他、さらにシステムが解析する情報として、過去の経歴やエントリーの内容、コメントや足あとなどを「活かす」ことが出来れば、その人自身をより正確に把握することができる。

ただし、それがすべて公開されては意味がない。ここでのプロフィールは、相手に知ってもらうという要素以上に、必要とされる人同士をマッチングするための元データという要素が強い。

例えばあるエントリーをしたときに、関連が深いと思われる人物を自動的にリンクする。
あるいは、Q&Aなどで、最適な回答者を見つけ出す。

ただし、こうしたプロフィール情報は、そういった際のデータには使われても、公開はされない。他人の評価や行動解析の結果まで公開されるというのは、さすがに抵抗感が強いと考えられるからだ。

こうした非公開レベルのプロフィールをバックグラウンドで活用するような仕組みが出てくると、SNSの最後のSを「サービス」ではなく、文字通り「システム」として成り立たせることができるのではないだろうか。

そういえば、ナレッジマネジメントの話をしていた頃に、こうした話題ってなかった気がする。技術的な問題が大きかったのだろうが、今であればそういったマッチングシステムを備えたKnowWhoシステムが出来ても良いような気がする。

|

« 自衛のための武力行使 | トップページ | 幻想交響曲への指示(の一部) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/15623591

この記事へのトラックバック一覧です: 非公開のプロフィール情報の活用:

« 自衛のための武力行使 | トップページ | 幻想交響曲への指示(の一部) »