« 私は信用していません | トップページ | 仕事と生活との調和 »

2007年7月10日 (火)

コミュニケーションの問題

「なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?」(パコ・ムーロ/板東智子訳/ゴマブックス)を読んでいて、こんな一節があった。

「うちの会社はコミュニケーションに問題があるんです」
こんな声を私たちはよく耳にする。
(中略)
ほとんどの場合、コミュニケーションの問題は、「熱がある」という症状にすぎない。

つまり、コミュニケーションの問題というのはあくまで結果としての症状であって、本当の問題は別にあるということだ。本書の中ではリーダーシップの問題だとしている。

「コミュニケーションの問題」というのは幅が広い。何となく分かったような気になってしまうが、そもそもコミュニケーションされるべき(情報が伝達されるべき)内容が明確でなかったり、対象があいまいだったりする。さらにそういった手段的な部分をクリアしても、そもそも求められるコミュニケーションとは何か、それがスムーズになることで何をしたいのか、という点が抜け落ちたりもする。

社内ブログやSNSにも、そういった陥穽がある。社内ブログやSNSが解決するのは、多くは「コミュニケーションの問題」だが、組織毎に抱える症状の原因が違うと考えれば、処方も変わってくると考えるのが妥当だ。

・・・で、この先を考察したいのだが、ちょっと思いつかない。ヒントとして少しメモしておくと、組織としてのコミュニケーションの問題もあるのだが、もう少し小さな「個人としてのコミュニケーション」の視点で考えるとどうなるだろうか。そもそも自分自身にとって求めるコミュニケーションとは何か、解決したいコミュニケーションの問題とは何だろうか。

自分の問題も解決できない仕組みが、組織の問題を解決できるわけがない。
手段にかかわらず、自分にとって「コミュニケーションの問題」とは何だろうか。

|

« 私は信用していません | トップページ | 仕事と生活との調和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/15711706

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションの問題:

« 私は信用していません | トップページ | 仕事と生活との調和 »