« 会社のパソコンが新しくなる | トップページ | PS3を音楽サーバとして使えるだろうか »

2007年9月12日 (水)

フィードバックとたたき台

アキヒトさんのPOLAR BEAR BLOGに、フィードバックを妨げる4つの態度というエントリーがあり、大木さんの走れ!プロジェクトマネージャー!思いこみ症候群?というエントリーを思い出した。

たたき台、というのはつまり参加メンバーからのフィードバックを得るための資料ということだ。大木さんのエントリーへのコメントで、

> そもそも「叩き台」という言葉が良くないのかもしれません。

ということを書いたのだが、「たたかれる」ための資料ではなく「フィードバックを得る」ための資料と考えると、作り手の心の持ちようや、周囲の「たたき方」も変わってくるのかもしれない。

アキヒトさんのエントリーにある4つの態度をそういった視点で言い直せば、

  1. 自分の熱意(思い)を資料にこめず、なるべく突き放して作る
  2. 自分のアイデアを中心にするのではなく、他のアイデアを引き出すような作り方をする
  3. 「誘導尋問」になるようなシナリオは考えない
  4. 「はい」「いいえ」で答えるようなクローズドクエスチョンは盛り込まない

といったことになるだろうか。難しい話だが、「完成型をイメージしない」で作ることが必要なのかもしれない。

また、フィードバックをする側としては、作り手の考えを(意識的に)聞かない、ということも必要な気がしている。よくたたき台として作った資料について説明を求めたりしてしまうことがあるのだが、説明をするとなれば、どうやっても作った側としては「気持ち(熱意)」や「考え(アイデア)」を出すように「誘導尋問」されてしまうからだ。その上でたたかれるというのは、やはりおもしろくはない。

あとはやっぱり名前だろうか。「失敗事例の収集」などでも気になるのだが、「失敗」や「たたき台」というのは言葉のイメージがネガティブなのだ。

|

« 会社のパソコンが新しくなる | トップページ | PS3を音楽サーバとして使えるだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/16422031

この記事へのトラックバック一覧です: フィードバックとたたき台:

» 黒子に徹するか [「走れ!プロジェクトマネージャー!」]
 ProjectKさんが、フィードバックとたたき台というエントリーを書かれていま [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 07時02分

« 会社のパソコンが新しくなる | トップページ | PS3を音楽サーバとして使えるだろうか »