« 伝承される技術とは | トップページ | 整理の視点 »

2007年10月18日 (木)

トラベラーズノートとペンホルダー

トラベラーズノートとペンを一緒に持ち歩くための試行錯誤が続いている。

先日アートマンで、手帳用のバンドを買ってみた。ゴムバンドが一本だと挟んでおいても不安定だが、二本であれば安定すると考えたからだ。それは良いのだが、開くために二本のバンドを外すというのはかなり使い勝手が悪い。

昨日はハンズに行って、システム手帳用のペンホルダーを買ってきた。これを貼り付けるのはどうだろうかと考えたのだが、正直に言えばあまり美しくない。そもそもこの手帳にホルダーをつけてペンをさしておくということ自体が、あまり美しくないのかもしれない。

ついでにペンがさせるバンドも買ってみたのだが、うかつなことにサイズが合わなかった。

この問題がクリアできればトラベラーズノートを使いたいのだ。なんというか、デザインの質感が気に入っているからだろう。機能的にはほぼ日手帳の方が上だし、それで不満はないのだが、なんとなくトラベラーズノートを使ってみたいという気持ちが消せないでいる。

ただ、ふと思ったのだが、基本的にスケジュール管理ではなく、その日の出来事のメモに使うということであれば、モレスキンのダイアリーなどでも良かったりする。ようは1日単位で何かを書いていけるようなメモ帳であれば良いからだ。

さらに昨日ハンズを回ったときにまた欲しくなってしまったのだが、実はシステム手帳にも関心があったりする。ただのシステム手帳ではなく、包み込む手帳というやわらかい手帳なのだが、何年か前に見かけて以来、気になって仕方なかったりする手帳なのだ。
(ただ、システム手帳はバイブルサイズというどうにも半端に思えるサイズと、中央のリングがじゃまで書きにくいという問題があって、手を出したことはない。)

最終的には何かに絞り込まなければならない。今何が面倒かといって、二つの手帳を併用していることだからだ。最終的には一つに絞り込む必要があり、そうなるとやはりほぼ日手帳に軍配があがりそうなのだが・・・。

なんとか使えないだろうか、トラベラーズノート。
でも、このノートの雰囲気にあったペンホルダーというのは、ちょっと思いつかないのだ。

|

« 伝承される技術とは | トップページ | 整理の視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/16793324

この記事へのトラックバック一覧です: トラベラーズノートとペンホルダー:

« 伝承される技術とは | トップページ | 整理の視点 »