« 演奏会終了 | トップページ | 死なすほどの暴力 »

2007年10月 3日 (水)

トラベラーズノートか、ほぼ日手帳か

カバーを購入し、(ほぼ)完成型となったトラベラーズノートを使い始めて1週間。ちょっと早い気もするが、ほぼ日手帳と比較してみる。

まず、リフィルに関していえば、1日1ページという同じスタイルで考えるとトラベラーズノートの方が使いやすい。サイズが大きいのでスペースが大きいということもあるし、実は方眼のサイズが5mmで、ほぼ日手帳の4mmよりも一回り大きいのだ。ついつい方眼を気にして書いてしまう自分としては、これが意外な使いやすさにつながっている。

リフィルの他にセットしたジッパーケースやカバーの内側に貼ったポケットはどうかといえば、まったく使っていない。これはほぼ日手帳でも似たような傾向があるのだが、こういった部分を意外と使わないのだ。ただ、トラベラーズノートの場合、A4の紙も挟み込むことができる。これはほぼ日手帳にはない魅力だ。(もっとも多くの場合、A4の紙の携行には超整理手帳を使うため、あまり関係ないといえば関係ない。)

想像以上にネックだったのがペンホルダーがないことだった。ほぼ日手帳はバタフライホルダーに2本のペンをさせるため、2本6色+シャープ2種を持ち歩くのがクセになっていた自分の場合、ペンホルダーがないトラベラーズノートはかなり携行しづらい。とりあえずはリフィルにさしているが、どうにも落ち着かないのだ。
(ペンホルダーも買ってみたのだが、上手く使えなかった。)

手帳というのは、機能もそうだが、スタイルというのもある。携行品というのは特にそうだ。持っていて感覚的にしっくりこないというのはかなりつらい。単独の手帳として見た場合のスタイルは気に入っているのだが、このペンホルダーの問題は意外な障害になるような気がしている。

自分の場合、ペンをポケットなどにさして手帳とは別に携行する習慣がなく、結果として「ペンを持ち歩くために」ほぼ日手帳を手放せない状況に陥っている。(考えてみれば、ペンをきちんと持ち歩くようになったのは、ほぼ日手帳を使うようになってからだ。以前は忘れることもままあった。)

さて、どうしたものだろうか。トラベラーズノートの日記リフィルはもう1ヶ月残っているので、とりあえずはそれを使いながらもう少し工夫をしてみることになるだろう。しかし、1本はともかく2本をリフィルにさして携行するのはちょっとつらい。書くときには残りの1本も抜かないとじゃまになって書けないからだ。

となると、やはりオールインワンの総合力で考えるとほぼ日手帳に軍配が上がるということになるのかもしれない。

|

« 演奏会終了 | トップページ | 死なすほどの暴力 »

コメント

ProjectKさんにつられて(笑)、ほぼ日手帳を買ってしまいました。(^^;
来週届くようですので、ちょっと楽しみです。
でも、11月分のお試しがあるのですが、今月と12月をどうやって乗り切ろうか、と試行錯誤中です。。。

投稿: ooki | 2007年10月 3日 (水) 15時53分

ookiさん ほぼ日手帳、おすすめですよ~。

今月はどうしようもないですが、12月は2日で1ページですが一応書き込めるので、それで乗り切るしかないのでは・・・。

投稿: ProjectK | 2007年10月 3日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/16646153

この記事へのトラックバック一覧です: トラベラーズノートか、ほぼ日手帳か:

» ほぼ日手帳到着 [「走れ!プロジェクトマネージャー!」]
 ProjectKさんに触発されて、9月に注文したほぼ日手帳が届きました。ご存じ [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 09時48分

« 演奏会終了 | トップページ | 死なすほどの暴力 »