« 万年筆 | トップページ | 自転車が欲しい »

2007年11月16日 (金)

記憶にない?記録にない?

政治家が宴席に同席していたかどうか、記憶にあるかどうかはたいした問題ではない。問題は記録にあるかどうかだろう。

なぜ「記憶にない」というかというと、人間は忘れる生き物で、こういう言い方なら後から訂正がきくからだ。記録にないと言ってしまったら、そうでなかった場合は虚偽に問われてしまう。

以前、NHKの番組への政治家の圧力が問題になったときにも気になったのだが、いやしくも一国の政治を担う政治家が、自分の行動の記録が残っていないなんてことがあるだろうか。間違いなくその行動はスケジュールとして残っているはずだし、仮に記録が残っていないだとすれば、それこそ後ろ暗いところがあるから「記録に残していない」ということになるのではないか。(偽名でチェックインしたみたいにだ。)

「記録では同席したことになっているが、残念ながら内容は記憶にない。」というのであれば、それはそれで仕方ないような気もするのだ。自分だって、何年も前のある会合の内容なんて思い出せない。思い出せないから重要なことはメモに残すのだ。記録とはそういうことだろう。

福田首相ではないが、そういった会合に出ることは政治家にはよくあることだろう。しかし、それが記録に残っておらず、記憶に頼るというのであれば、そっちのほうがよほど問題ではないだろうか。国家の重要な機密に触れ得る人間が、「記録にも記憶にもない」なんて情報管理で良いと思っているのだろうか。

記憶にないなんて、そんな甘い情報管理で済むような立場か?何年何月何日何時何分はどこにいた、といえるぐらいきちんと管理できるぐらいの人でなければ、国政を任せるなんてできない気がするのだが、どうなのだろう。

最近の食関連の企業の不祥事では、記録としての表示が改ざんされていることへの問題が大きくクローズアップされている。そういった記録管理ができていない企業は叩きに叩かれるのだが、不思議と政治家などは記録より記憶が重要らしい。

国会も、証言させるぐらいなら証拠を出させればよいのだ。スケジュールを提出させ、検証すればよい。記者達も、記憶にあるかなんてあいまいなことではなく、日時を特定した上でその日どこにいたのか、それこそ記録としてのアリバイを聞けば良いと思うのだが、なぜそういった追求をしないのだろうか。

名もない一般市民が犯した犯罪なんかでは、生い立ちまで含めて根掘り葉掘り調べだし、その日の行動のシミュレーションまでやってのける彼らが、どうしてその日彼らが何をしていたかなんて些細なことが調べ出せないのだろうか。

|

« 万年筆 | トップページ | 自転車が欲しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/17087693

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶にない?記録にない?:

« 万年筆 | トップページ | 自転車が欲しい »