« ダイバーシティのあるべき姿 | トップページ | ダイバーシティの社会的価値 »

2008年3月11日 (火)

あと55日

昨日のカンブリア宮殿のゲストは、カネボウ化粧品社長の知識賢治氏だったのだが、その中で期日までを逆算する時計の話が出てきた。なるほどと思ったので、当面の最大の課題である報告書の発行までの日数を逆算してみる。

仕事の場合、人生と違って休日はカウントできない。そうやって営業日を数えると、今日を含めてあと55日だった。

あと55日しかないと考えるか、まだ55日もあると考えるかで心の持ちようは変わってくるが、このようにカウントすると少し期日までの感覚が違ってくるような気がする。(気がするだけかもしれないが。)

ちなみに、オーケストラの次回定期演奏会までの日数を「練習日で」カウントすると、途中に入る別の演奏会の練習を除くとあと9日しかなかったりする。これまたずいぶんと圧迫感のある数字だが、実際には合間に個人練習などを入れることができるのでもう少し余裕があると考えても良いだろう。

今月末が締め切りのアンケートなら、回答日までは14日。すこしこのように逆算して考えるクセをつけると良いのかもしれない。

|

« ダイバーシティのあるべき姿 | トップページ | ダイバーシティの社会的価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/40461759

この記事へのトラックバック一覧です: あと55日:

« ダイバーシティのあるべき姿 | トップページ | ダイバーシティの社会的価値 »