« ステークホルダーとのエンゲージメント | トップページ | 演奏会の感想など »

2008年5月30日 (金)

CSRレポートをブログで構築する

ウェブ上で公開するCSRレポートをブログで構築する準備を進めてきたのだが、ようやく形になってきた。あとはテンプレートを微調整してもらいながら、コンテンツを作成していくことになる。おおよそは出来ているか、昨年のものを使うが、システムの完成を待っていたためまだ未着手のコンテンツもある。

それにしてもずいぶんと時間がかかってしまった。現在の段階でも、実現したいことの多くが実際に実現されているとは言い難いだろう。一番難しいのは、コンテンツを作成する我々ユーザー側の要望が完全には固まっていないことだ。Officeソフトなどと同じように、機能的に出来るかどうかを探りながら進めているため、要望自体が二転三転する。

テンプレートを制作しているベンダー側としてはやりにくいに違いない。それは分かるのだがこちらにも言い分はある。

ブログの機能をフル活用したら、どういったレポート制作が可能になるのか。ブログの機能をどう活かしたらよいのか。そういった提案がまったく見えてこないのだ。こちらのやりたいことにどう応えるかを考えてくれるのは嬉しいのだが(というか当然だとは思うのだが)、正直にいえばもう一歩踏み込んだ提案が欲しいのは間違いない。

そういった提案がないと、そもそもブログというシステムをどう捉えているのか、ということが気になってしまう。ブログの可能性を広げ、機能を拡大していく気持ちがあるのかないのかという点だ。ついでに言えば今回ブログで作成したい「CSRレポート」というものについても、どういったものかを特に考えることなく受け止めているのではないか、という気がしてしまうのだ。

自分のこうした考え方は異端だろうか、と思うことがないわけではない。多くの場合、業務のシステム化というのは、まず業務の枠組みがあってそれにシステムをあわせる形で構築される。対して自分の発想は、まずシステムがあって、その枠組みに業務をあてはめて考えている。CSRレポートがあってそのためにブログを使うのではなく、ブログというシステムがあって、そこにCSRレポートをあてはめる発想なのだ。

ただこれは、CSRレポートをブログというシステム的な枠に「押し込める」という捉え方ではなく、CSRレポートをブログというシステム的な枠まで「拡大する」という捉え方でもある。従来と同じものを実現するだけではまったく意味がなく、そこにはブログならではの機能拡大がなければならない。同じものを作るのであれば、従来のやり方で進めればよい。

今のところ、ブログを導入することで「ユーザー側での編集」が容易になり、「ページではなく個々の項目単位での編集」が容易になり、「日常的な更新」が容易になり、「デザインとコンテンツを別々に修正」が可能になっている。会社としての稟議はここまでで通してはいるが、個人的にはまだ物足りない。

それが何かは分からない。ここから先は「何がしたいか」ではなく「何が出来るか」という発想で見ていかなければ「ブログの枠に拡大する」ということはできないからだ。そもそも、したいことはここまでで大体実現できているわけで、その先の自覚していないニーズをどこまで引き出せるかは、ブログというシステムに出来ることをどこまで理解できるか、にかかっているとも言える。

そう考えると、やはり個人でももう少し勉強が必要なのだろう。やっぱり個人で構築しようかな・・・。

|

« ステークホルダーとのエンゲージメント | トップページ | 演奏会の感想など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/41368707

この記事へのトラックバック一覧です: CSRレポートをブログで構築する:

» 考える時間がない [ENIGMA VARIATIONS]
CSRレポートのためのシステムはようやく完成に近づいてきたのだが、コンテンツの方 [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 07時56分

« ステークホルダーとのエンゲージメント | トップページ | 演奏会の感想など »