« 原油の高騰は地産地消を救える・・・だろうか | トップページ | MacBookは買いか »

2008年6月23日 (月)

レポート発行後のコミュニケーション

金曜日に取材を受けた。

もちろん原稿にもなっていない今の段階では詳しい話はできないのだが、レポートの作成についてや付随するコミュニケーションの話などをする。こちらとしては、問われるままに思うところをとりとめなく話しただけではあるのだが、さて、どうまとまってくるのだろうか。

ただ、話しながら完成後のアクションの準備が全然できていないことを改めて感じてしまった。正直な話今そのことを考える余裕はほとんどないのだが、完成後にどのように社内外にコミュニケーションを仕掛けていくかは、早めに考えておかないとどんどん後回しになってしまう。レポートが完成すると、どうしても一段落ついたように「気が抜けて」しまうからだ。

そこで乱暴だが、とりあえず「今」思いつくことを挙げてみることにする。

社内に対しては、改めて「報告書を読む会」を実施したい。「読む会」は一昨年にやって、昨年は「勉強会」という別の形にしたのだが、準備や参加の手間を考えると、まだまだ「読む会」ぐらいが良さそうにも感じる。あえていうなら、いきなり「ハイ読みましょう」ではなく、勉強会の時のようなイントロを用意するぐらいだろうか。

特に、本社系の部署に対してどういったアプローチをするかだ。単純に感想をもらうのでも良いことはよいのだが、もう一ひねり加えたいような気がする。

後は時間配分だ。集まってもらう必要があるだけに、拘束時間をどの程度の長さにするかとその中での配分が難しい。巷では半日かけるようなダイアログもあるが、そういったものは正直なところ難しい。

一方社外に対しては、昨年のようなダイアログを(とりあえずは)企画したいところだが、昨年と同じようなパターンで良いのか、という疑問もある。お金を払って(謝礼は別だが)コンサルタントにコーディネートをお願いしたとしても、それにみあう成果を生み出せているかというと疑問もある。

そもそもダイアログというのは、「意見をもらう場」と考えると手間がかかりすぎるし、企業の経営に活かす場と考えるにはガバナンス上の根拠が薄い(はっきりと自社の活動に影響を与えるステークホルダーとの対話なら別だが、縁の薄い第三者的な立場の有識者となると、その意見の位置づけが難しい)ような気がするのだ。割り切ってしまえばよいのだが、どうもそれだけではおもしろくない。

個人的には、昨年と同じ面子で行うにしても、場所を変えて行うのはどうだろうか、という気もしている。その事業所の従業員がオブザーバー参加すれば、それなりの刺激にはなるだろうし・・・。

|

« 原油の高騰は地産地消を救える・・・だろうか | トップページ | MacBookは買いか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/41620614

この記事へのトラックバック一覧です: レポート発行後のコミュニケーション:

« 原油の高騰は地産地消を救える・・・だろうか | トップページ | MacBookは買いか »