« 気候変動を巡る議論の進め方 | トップページ | 自分の講義などよりもずっと刺激的だった講演 »

2008年7月18日 (金)

CSRレポートについての講義

今日は20人ほどの学生の前で講義をする。(学生といっても、いわゆるビジネススクールの類なので、年齢はバラバラらしいのだが。)
一応プログラムを作り、資料を整えたのだが、事前練習などを行う余裕はなかった。あまり褒められた姿勢ではないかも知れないが、正直な話、そこまでの余裕はない。

内容は、CSRレポートの作成とそれを通じたコミュニケーションについて。CSRレポートを作成する目的は各社さまざまだと思うが、自社の場合は「いかにコミュニケーションのきっかけとなるか」が大きな目的になっている。講義では、一般的なレポートの説明と、自社での制作の進め方、記載している内容について説明し、簡単にグループディスカッションを行う。(何と時間は2時間半あるのだ・・・。)

このように書くと、CSRに関心のある学生向けの講義のようだが、少し違っていて、その学校は広く広報全般を教える学校なのだ。その一つとしてCSRについて・・・ということのようだが、ようは企業の担当者を呼んでのケーススタディなので、あまり縛られたテーマがあるわけではなく、話しやすいテーマを選ばせてもらった。

今週はその準備に気をとられていたので、それ以外のことがあまり進んでいない(笑)とりあえず今日を乗り切れば切り替えられるので、なんとか無事に終了させたい。いかん、なんだか緊張してきた・・・。

|

« 気候変動を巡る議論の進め方 | トップページ | 自分の講義などよりもずっと刺激的だった講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/41891878

この記事へのトラックバック一覧です: CSRレポートについての講義:

» 自分の講義などよりもずっと刺激的だった講演 [ENIGMA VARIATIONS]
先週の金曜日は、自分が講義した後、たまたま某フードサービスチェーンの方の講演を聴 [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 08時07分

« 気候変動を巡る議論の進め方 | トップページ | 自分の講義などよりもずっと刺激的だった講演 »