« 拍手のマナー | トップページ | そもそもなぜ早朝なのか »

2008年7月 3日 (木)

早朝残業をマネジメントする

「走れ!プロジェクトマネージャー!」の「早朝残業という選択」というエントリーを読みながら、ふと「早朝残業に深夜残業並みの残業代をつけるようにしたら、そうしたライフスタイルを選択する人はもっと増えるのではないだろうか」などと考えてしまった。

他社の事情はよく分からないが、今自分の会社では、早出に関しては基本的に残業代がつかない。(もちろん、業務命令として出た場合は別だが。)
一方、最近早出の残業が増えて(そのため早朝の電車が混むようになっている・・・と思う)いて、その一因として「夜だと残業代を払わなければならない会社が締め付けを厳しくしたために、サービス残業として早出残業を選択している」という話があるのだ。

そういった(残業代を払いたくないという)会社の事情はさておき、最初から早朝残業をきちっとフィーを払う形で管理して、夜にずるずると残業させることをやめ、会社全体の効率を上げるような方向に持っていくことはできないだろうか。夜と違って、朝の場合は後ろが区切られているから、自然と集中することになるし、残業代の上限もある程度管理できるはずだ。

朝の方が効率的だと考えるのであれば、しっかりと対価を払って社員をその方向に誘導するのがマネジメントの役割だろう。経営者の書いた本によく「自分は朝早く出て効率的に仕事を・・・」なんて話が出てくるのだが、彼らはその経験をマネジメントにしっかりと活かしているだろうか。どうも「だからそうやって働け」としか聞こえないのだが、彼らの役割はそんなことではないはずだ。

もっとも、そのために大勢が早朝出社するようになれば、今度は「夜の方が静かで集中できる」なんてことになってしまうのかもしれない(笑)

|

« 拍手のマナー | トップページ | そもそもなぜ早朝なのか »

コメント

仰るとおり、後ろが区切られていることは、自己管理にもなって良いですよね。
ずるずるなりがちな僕も、早朝が効率よいです。(^^)

投稿: ooki | 2008年7月 3日 (木) 09時05分

コメントありがとうございます。

朝にしても夜にしても、後ろを区切るというのは自分に喝を入れる意味でも、踏ん切りをつける意味でも効果があるような気がします。

先週半ばまで仕事に追われて残業でしたが、10時をデッドラインにして、どんな状態でもそこで終わるということにしていました。
そうすると、不思議と集中できる気がします。

投稿: ProjectK | 2008年7月 4日 (金) 08時07分

夜育児を手伝わなければならない身なので
夜は早めに切り上げて、早出出勤を進めています。静かな環境なので仕事がはかどります。時短を進める会社の中でも早出人口はまだごくわずか。まだまだ帰りにくい社風ではありますが・・・

投稿: taktak | 2008年8月11日 (月) 22時55分

こんにちは コメントありがとうございます。

確かに朝は静かですよね。会社に限らず、社会全体が静か(音楽を聴きながら街頭を歩くとわかります)なので、集中しやすいということはあると思います。

帰りにくい風土で残っている場合、なおのこと集中はできないかもしれませんね。

投稿: ProjectK | 2008年8月12日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/41721190

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝残業をマネジメントする:

» そもそもなぜ早朝なのか [ENIGMA VARIATIONS]
昨日の続きを考えてみる。そもそも、なぜ朝は仕事がはかどるのだろうか。 朝の方が気 [続きを読む]

受信: 2008年7月 4日 (金) 08時03分

« 拍手のマナー | トップページ | そもそもなぜ早朝なのか »