« モレスキンでの万年筆の利用を断念 | トップページ | 消費者の感じる不信感 »

2008年10月 9日 (木)

ノーベル賞を受賞したのは誰か

今年のノーベル賞で4人の日本人が受賞した(まだすべては発表されていないようなので、まだ増える可能性はある)とかで、メディアが盛り上がっている。暗い話題が多い中で、盛り上がりたい明るい話題なのは確かだろう。

ただ、ちょっと気になってしまったことがある。彼らの中の2人、シカゴ大学とボストン大学の2人の名誉教授の受賞は、果たして「日本人の受賞」と呼べるものなのだろうか。

もちろん、人種的・民族的に日本人なのは間違いない。彼らが日本人ではないなどと言うつもりもない。でも多民族国家であるアメリカにとって、彼らはアメリカの大学で研究し成果を挙げた「アメリカ人」なのではないだろうか。

メジャーリーガーが、人種国籍以前に「メジャーリーガー」という「アメリカ人」であるようにだ。

気になるのは、彼らが日本にいた場合に、同じような成果を産み出せたか、ということなのだ。アメリカという風土でなければ生み出せなかった成果であれば、それをいたずらに日本の底力のような受け止め方をしてしまうのはなんとも滑稽だろう。

逆の言い方をすれば、日本の研究機関で研究した結果であれば、それが誰であれそこに日本としての功績がある、と考えて良いのではないか。
(もっとも日本の場合、そもそも研究者個人につくべき功績のを、集団の功績にしてしまいそうな危惧はあるのだが・・・。)

同じ日本人として彼らを応援するのは構わないし、むしろ誰よりも称賛すべきなのだが、一方で、それが日本のシステムの中では生まれ得なかった結果だったのではないか・・・ということは、頭の片隅に入れておいても良い気がする。

|

« モレスキンでの万年筆の利用を断念 | トップページ | 消費者の感じる不信感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/42732037

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞を受賞したのは誰か:

« モレスキンでの万年筆の利用を断念 | トップページ | 消費者の感じる不信感 »