« 問題なのはゼロゼロ物件か? | トップページ | 低コストで高品質の商品 »

2008年12月19日 (金)

経済の失速がもたらすもの

日産が2000人の派遣社員をすべて解雇するというニュースを聞いて、ふと「これで日産は派遣社員を不当な待遇で働かせてはいない会社になったんだよな・・・」などということを考えてしまいました。

一時期、派遣社員の待遇が問題になり、彼らの正社員としての登用を進めることで、企業内の派遣社員を減らすという動きがありました。奇しくも、その「派遣社員を減らす」ということが、大量解雇によって実現してしまったことになります。

かなり乱暴な見方であることは承知していますが、本来一時的な労働力として定義されている派遣社員を解雇できたということは、一方で正社員のような「辞めないことが要求される」働き方はさせていなかったということでもあるのかもしれません。

もっともその場合、残った正社員が本当に正社員なのかという問題はあります。解雇したいけど法律上解雇できないというのが本音であれば、それはその社員の仕事の内容が、実は正社員に求められるものではなく、派遣社員に求められる性格のもので、派遣社員側から見れば、「不当に優遇されていただけ」ということになるからです。

また、生産調整や新工場の建設先送りなども次々と発表されていますが、これらを「環境」という視点で見た場合はどうなるでしょうか。過剰に生産されダブついていた「モノ」が、適切な需給バランスに収斂していく・・・という見方もできるのかもしれません。これまた乱暴な話ですが、物質文明に支えられた経済が収束することは環境への負荷を減らすことになるかもしれないのです。環境団体がそういった「歓迎のコメント」を出さないのが不思議なくらいです。

そう考えると、この経済状況をどう好転させるかよりも、この状況を千載一遇のチャンスと捉えて、生活スタイルの転換を訴えていくことこそ、環境団体には求められるでしょう。それができないのであれば、そもそも彼らの訴えは物質文明に依存していただけということになってしまいます。

私はどちらかといえばこんな時こそお金を使って(つまりモノを買って)経済を活性化した方が良いのではないか、と考えてしまうのですが、そうではない人たちが、どのような形で社会を持続させようと考えているのか、聞いてみたいところです。

前半と後半で話が違ってしまいました・・・。

|

« 問題なのはゼロゼロ物件か? | トップページ | 低コストで高品質の商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/43462822

この記事へのトラックバック一覧です: 経済の失速がもたらすもの:

« 問題なのはゼロゼロ物件か? | トップページ | 低コストで高品質の商品 »