« ボランティア参加を支えるもの | トップページ | 会社に楽器を持っていく »

2008年12月 4日 (木)

社会貢献活動を進める上で

昨日会社で「事業(部)として何か社会貢献をしたいと考えているのだが、何をしたら良いか、そのヒントがほしい」という相談がありました。

そういった相談があること自体すばらしい進歩だと思いましたが、せっかくのチャンスなのでこんな話をしました。

「何をするかも大事ですが、決めるにあたって外部の意見を聞くのはもっと大事です」

ちょうどセミナーでNGOとの協働の話を聞いたばかりということもありましたが、今後は企業が一方的に社会貢献活動を考えるのではなく、いかに社会との接点において意見を聞いていくか、ということが大切になる、という話です。

実際に実行するとなると、色々と考えなければならないこともあるかと思います。ただ、最終的には企業で決めるにしても、そこで外部の視点を意識したかしないかでは大きな違いがありますし、特にその意思決定がどのように行われたかを明らかにすることが大きな(活動の評価において)ポイントになるのではないでしょうか。

また、事業部門で社会貢献を考える場合、広告宣伝とは何が違うのかということをある程度考えておく必要があります。

イベントなどでサンプルや商品を無償で配るのは社会貢献になるか、という質問も受けたのですが、もちろんそれも考え方次第では社会貢献になると答えつつ、シンプルな判断基準としては、その費用が経費管理上「広告宣伝費」になるか「寄付金」になるかで考えればよいのではないか、という話をしました。

個人的には、企業が事業を通じて社会貢献を行うのであれば、それは企業自身にもリターンがある形が望ましく、ある程度マーケティングの要素が入ることは必要だと考えていますが、そうした点も含めて、そろそろ考え方を整理しておく必要がありそうです。

|

« ボランティア参加を支えるもの | トップページ | 会社に楽器を持っていく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/43315563

この記事へのトラックバック一覧です: 社会貢献活動を進める上で:

« ボランティア参加を支えるもの | トップページ | 会社に楽器を持っていく »