« HP miniのセットアップ | トップページ | 東京ビッグサイトより »

2008年12月11日 (木)

仕事の位置づけをシフトする2

10月に書いた内容の一部リライトですが、オフィシャルなレポートに掲載する原稿としてまとめて欲しいと依頼され、まとめる時間がないので、ブログとして書いてしまいます。
(HT1100でメールで書いていると、リンクとかができないのがネックですね・・・。)

今回の訪問で一番考えさせられたのは、ある業務に対する考え方をちょっとシフトするだけで、驚くほど取り組みや姿勢が変わってくるということでした。
それは個人レベルでの仕事への心構え、といったものとも少し違うように思います。

○○社の取り組みでは、オフィスのレイアウトを総務の業務ではなく、生産技術の業務として位置づけていました。そう位置づけることにより、生産性をあげるためのオフィス構成を考え、その効果を測定することが(理屈上は)可能になります。

総務の業務であれば、各部署の考えに合わせて、それぞれの働きやすい環境を調整する、ということになったかもしれません。ですが、生産技術としたことで、各部署の考え以前に、そもそも全社の生産性の向上のために何が必要か、という客観的な視点での検討と成果の評価が要求されるようになります。

これは面白い捉え方だと思いました。

ただそれは、だから生産技術部門でやるべきだ、ということではありません。総務部門であっても、そうした「生産技術的な視点でオフィスの見直しをする」というミッションを定義すれば、総務として同じ仕事をしながら、生産性の向上への寄与や評価が可能になるということだと思います。
言い方を変えれば、どんな業務であっても、そうしたパラダイムシフトを行うことで、その業務の位置付けを大きく変えることが可能ということではないでしょうか。

これを自分の仕事に置き換えてみて、現在の業務の枠組みを変えることなく、知識創造や生産性の向上に直接つながるようなミッションへとパラダイムシフトはできないか。そんなことを考えるきっかけになったように思います。

・・・まぁその後どうできたか?と問われると、言葉に詰まってしまうのが弱いところですが・・・。

|

« HP miniのセットアップ | トップページ | 東京ビッグサイトより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/43384110

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の位置づけをシフトする2:

« HP miniのセットアップ | トップページ | 東京ビッグサイトより »