« 鳩山前総務相の正義 | トップページ | CSRレポートの位置づけをどう考えるか »

2009年6月18日 (木)

欠勤中に何をするか

こちらにブックマークをしたのですが、炎上に近い形で元のエントリーは削除されてしまいまして・・・。

で、大元のというか、発端となったニュースを見ていなかったので、改めて読んでみました。

スイスの女性、病欠中のフェースブック利用で解雇

ブックマークをしたときにちゃんと元ネタにも当たっておくべきだったかな、と反省していますが、この解雇のニュース、「病欠中に何をしていた」が問題ではなくて、「病気という欠勤理由が嘘だった」がポイントだったのではないでしょうか。

つまり「仮病」だった、と。

その証拠としてフェースブックが挙げられたわけですが、そこでフェースブックの方に注目してしまったために「欠勤中に個人的なことをしてはいけないのか」という方向に発展してしまった気がします。

もっとも、この記事からだけでは本当に嘘だったかどうかまでははっきりしないわけで、そのあたりは情報不足というかメディアのミスリードの可能性もあるわけですが・・・。

といって削除されたブックマーク先のエントリーに賛同する気は全くないんですけどね。もう一度内容を確認できないのではっきり言えませんが、そのエントリーが問題にしていたのも「欠勤中にしていたこと」が中心だったと思いますし。

さて、仮病による欠勤を理由に解雇できるか、というと色々なケースが考えられるので一概には言えないような気がしますが、欠勤自体は理由が何であれペナルティにつながりますし、評価の低下や長引けば解雇にもつながるはずです。

そういった意味では、このスイスの女性が「たった一度の欠勤(中のフェースブック)」で解雇されたのか、「欠勤が続いてまともに業務をこなしていない状態(の理由がフェースブック)」で解雇されたのかは、少々興味深いところです。

ちなみに有給休暇中だったらどうなんでしょうね。それこそ何をしても自由な気もしますが。

|

« 鳩山前総務相の正義 | トップページ | CSRレポートの位置づけをどう考えるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/45375451

この記事へのトラックバック一覧です: 欠勤中に何をするか:

« 鳩山前総務相の正義 | トップページ | CSRレポートの位置づけをどう考えるか »