« しばらくお休み | トップページ | なかなか弾けるようにならない »

2009年6月25日 (木)

なめているのはどちらか

自民党から出馬要請をされた東国原知事が、総裁候補とすることを条件に挙げたことで、自民党の党内からは「なめている」といった反発があがっているようですが、むしろ「なめていた」のは、選挙だけを目的に声をかけた自民党の方でしょう。冷や水を浴びせられたとでもいいましょうか。

例えばビジネスの世界でヘッドハンティングをする際に、「つきましては待遇は新入社員と同じでスタートしてください」と言われて転職を決めるとはとても思えないわけです。総裁(社長)はいきすぎとしても、なんらかのポストの提示なりがあって初めてこうしたオファーは成り立つものでしょう。
こうした候補者はいわゆる公認候補者とは意味合いが異なるはずです。

ですから少なくとも東国原知事の方は、自民党に対して真剣に自分の価値を認めることを求めているように思います。

もっとも、こうした要求は、これまでのタレント議員のあり方を批判するものでもあります。政治家になれればよかったんですか、と突きつけるようなものだからです。もっと自分の価値を認めさせる必要があったのではないか、自民党あるいは「政治家になること」に尻尾を振っただけではありませんか、と。

そういった意味では、反発も当然かも知れません。

ただ一方で、両者ともなめているなと思うのは、国民のこと。自民党は「人気者がいれば選挙を戦える」と考えているようですし、東国原知事は、自分の価値が政治思想や能力にあるのか、人気にあるのか、という点で、人気を売りにしようとしているからです。人気というのは、支持する人がいてなりたつものなので、それをポスト要求の根拠にするのは支持者への甘えのような気もします。

さて、どうなるんでしょうね。全国区や他の選挙区ではなく、宮崎選挙区から出馬して当選する自信があるなら、やってみたら、という気もしますが。

|

« しばらくお休み | トップページ | なかなか弾けるようにならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/45446435

この記事へのトラックバック一覧です: なめているのはどちらか:

« しばらくお休み | トップページ | なかなか弾けるようにならない »