« ほぼ日手帳のメモが減っている | トップページ | CSRレポートのアンケートは何のために行うのか »

2009年7月29日 (水)

(CSRレポートを読む)キリングループCSRレポート2009

今日は(実際に読んだのは少し前ですが)最近サントリーさんとの経営統合で何かと話題のキリングループのCSRレポートです。

会社に名指しで送られてきたのですが、以前アンケートに答えたことがあったかもしれません。

Qレポート全体を通していかがでしたか?
 わかりやすさ-□わかりやすい
 内容の充実-□充実している
 読みやすさ-□普通
 当グループのCSR活動について-□評価できる

5段階の評価で、どれも最高点はつけていないのですが(笑)、おおむね高い評価です。ただ、この手の「評価」というのは難しいというか、低い評価をつけにくい傾向があります。気を使っているわけではなく、元々聞かれている内容にたいしては、作り手側が隙を見せることがほとんどないため、突っ込みどころが見つからないことが多いんですよねぇ。

Qご興味・ご関心を持たれた内容をお選びください。(複数回答可)
 □トップコミットメント
 □コーポレート・ガバナンス
 □ハイライト・食の安全のために
 □ハイライト・多様な人材がいきいきと活躍するために

・・・選んだ内容だけ挙げましたが、これだけ見せられてもよく分からないですね。個人的には、今の関心がガバナンスや従業員関係にあるので、そういった内容については興味深く読んだのですが、元々レポートはボリュームが大きいので、なかなかすべてを読んでというのが難しかったりします。

目次ぐらいは載せるようにしようかなぁ・・・。(しかし書き写すのが大変だ。)

Q本レポートに対して、またキリングループのCSR活動に対してご意見・ご感想などをご記入ください。
「食品安全科学センターの役割」は各々がどういった仕事をされているかが良く伝わってきました。「〜が、私たちの仕事です。」のフレーズは、横浜工場をモデルにした「ビールの品質と安全のために」でも同じようにすれば良かったのでは?と思います。
多くの有識者のメッセージは、少しはしょられているような感じでもったいないような気がしました。
又、CSRの推進に力をいれているのは分かるのですが、具体的にどのような体制で進めているのか、「グループCSR委員会」の下部にどのような体制があるのか知りたいです。

書いている通り、ハイライトでの従業員メッセージは構成がまとまっていて分かりやすく、参考にしたい(でも真似はしたくない)と思いました。

一方、有識者のメッセージが随所に掲載されているのですが、ほんの一言なので、本当は何を言いたいのかがいまいち分からないようなコメントもありました。何を伝えるために掲載しているのか、一方で読み手である読者の方は何を期待するのか、今後第三者のコメントにはそういったことが求められるように思います。

推進体制については、先日のカルビーさん同様、CSRがどれだけガバナンスに結び付いているのか、具体的な体制が見えてこないのが少し気になります。実際のところ、事業に組み込まれてしまえば独立した形での推進体制は必要ないのですが、そういった記述も無かったように思います。


それにしても、経営統合となるとレポートの内容も大きく変わってくるかも知れませんね。

|

« ほぼ日手帳のメモが減っている | トップページ | CSRレポートのアンケートは何のために行うのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/45772372

この記事へのトラックバック一覧です: (CSRレポートを読む)キリングループCSRレポート2009:

« ほぼ日手帳のメモが減っている | トップページ | CSRレポートのアンケートは何のために行うのか »