« シューベルトの弦楽五重奏 | トップページ | 地力では追いつかない部分 »

2009年10月14日 (水)

ほぼ日手帳とモレスキン

そういえばもうそんな時期だということで、来年のほぼ日手帳を買いました。どの程度使うのか、いまだに迷いはありますが、使いやすい手帳であることに変わりはなく、とりあえずは「定番」としておさえておく、という感じです。

毎年それ以外にもいくつか手帳を購入するのですが、今年はモレスキンのプロジェクトプランナーを購入してみました。ジャバラ型の1年間が見渡せる手帳で、スケジュールを管理するというよりは、ガントチャートを作成して長期プロジェクトの予定と進捗を管理するためのものです。

もともとスケジュール管理はGoogleカレンダーとiPhoneでやっているので、実は手帳には「スケジュール管理機能」は不要なのです。ほぼ日手帳のような「メモ機能」を重視するか、今回のモレスキンのような「プロジェクト進捗管理」を重視するか、いずれにしても日々の予定とは違った側面で情報整理をするためのツールが欲しいと考えています。

しかし、そういった機能もデジタルデバイスでいけるのでは?という気もして、そのあたり、アナログツールである手帳をどのように活用していくか、というのは毎年色々と悩んでいます。
(単にあれこれ悩むのが好きという可能性も・・・。)

ほぼ日手帳は使いやすいのですが、鞄に入れておくならともかく、手ぶらで持ち歩こうとすると、どうしても手持ちになるためちょっと辛い。なるべくならポケットにすっぽり(ぎりぎりではなく)入るサイズが理想で、そうなるとモレスキンぐらいのサイズが適当なのです。ただ一方で、メモ用と考えるとやはり小さすぎて使い勝手が悪いというのが正直なところ(しかもプロジェクトプランナーにはメモ欄はなく、拡張ポケットにノートを入れるか、付箋などを使う必要があります)です。

そのあたりはトレードオフになってしまうのはやむを得ないので、どちらを優先する必要があるのか、よく考える必要がありそうです。

・・・しかし、買ってはみたものの、プロジェクトプランナーなんて使いこなせるのでしょうか。使いこなした方が、自分の仕事の効率はあきらかに上がりそうなのですが、あまり馴染みがなくてどのようにしたら良いものか・・・。

とりあえず11段に分かれているので、それぞれを何に振り分けるかをしばらく考えてみたいと思います。

|

« シューベルトの弦楽五重奏 | トップページ | 地力では追いつかない部分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/46481176

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ日手帳とモレスキン:

« シューベルトの弦楽五重奏 | トップページ | 地力では追いつかない部分 »