« iPhoneでブログを更新 | トップページ | 管弦楽団:星の調べ 第2回演奏会 »

2009年11月12日 (木)

なかなかメモを書かない理由

一昨日書いたメモの量が減っている件ですが、その理由を考えているうちに、ほぼ日手帳の日付中心の考え方ではなく、メモ中心の考え方をしていることがやはり大きな原因ではないかと思うようになってきました。

その日のメモをこの1ページに、と考えていると、何も考えずに思い付いた端から書けるのですが、このメモをこの1ページに、と考えてしまうと、なんとなく「メモするまでもないか・・・」などと考えてしまうのです。大抵の場合、思い付きのメモはワンセンテンスで終わってしまうので、それが1ページではもったいないと思ってしまうのかもしれません。

といって、詰めて書くのもちょっと落ち着かない。ある程度自由なレイアウト感を保ったままで書きたい、という感覚もあるのです。感覚的なもので、理屈ではないので、なんとも合理性には欠けるのですが・・・。

では、そういったメモも1日1ページで送っていってしまえばよいではないか、といえば、それはその通りなのですが、こんどは何となくもったいないような気になってきます。こうした感覚で決まる部分はなんともしがたいもどかしさがあります。

それでもとりあえず、モレスキンのプロジェクトプランナーに挟んでおくメモ帳は、横軸ではなく方眼にしてみました。考えてみればそれで使わなくなる横軸のノートも「もったない」はずなのですが、その辺りは気にならないんですよね・・・。

白紙のページができるのはやむを得ないとして、毎朝とりあえず日付だけは書いてしまうのが結局良いのかもしれません。もったいないと感じてしまう部分はともかく、ほぼ日手帳と違って、足りなくなれば継ぎ足すこともできることになりますし、白紙のページもある種の記録と考えれば良いという発想もありそうです。

|

« iPhoneでブログを更新 | トップページ | 管弦楽団:星の調べ 第2回演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/46741033

この記事へのトラックバック一覧です: なかなかメモを書かない理由:

« iPhoneでブログを更新 | トップページ | 管弦楽団:星の調べ 第2回演奏会 »