« 1年間で52の課題に挑む | トップページ | 遅い出勤 »

2010年1月27日 (水)

ブログとツイッターの使い分け

twitterを始めたといっても、せいぜい朝昼晩に一言二言ツイートするだけなのですが、そういった形で思ったことを発散していると、ではブログでは何を書くのか、という気になってきます。特に呟き系の内容は、書く量こそ違えど基本的な内容は同じなので、とりあえずツイートしてしまえば、ブログに改めて書こうという気にはなりません。これははてなブックマークでも同じです。

もちろんメモ的な要素もあるので、時にはブログでさらに考えを膨らませるということはありますが、そうした「呟き」はほとんどないと言ってよいでしょう。

そうなると、ブログには何を書くのか。もともと、考えを手軽に書くためのツールであったブログですが、より手軽なtwitterという手段が登場したことで、むしろ書く際のハードルは上がっているような気がします。自分の場合、メールでの更新なので、リンクを色々貼ったりとか、写真をたくさん入れたりとか、「twitterではできないこと」をブログでやる、という差別化もあまり図れません。

ただ、一方で、瞬間風速的なtwitterだけで呟いていては、より考えを深めるというか、考えをまとめることは難しいだろうという気もします。そういった意味でも、ブログを書くのは、より「思索のための」時間にシフトしていく必要があるのかもしれません。

正直なところ、最近あまり頭を使っていないんですよね・・・ブログのエントリーが、日々の呟き系に、あえて言うなら「堕して」から、書く際にしっかり考えて書くということをあまりしなくなっていたのは確かです。

もっとも、長文を書き連ねるよりも、短い言葉でまとめる方が大変であることを考えると、わずか140文字のツイートの方がずっとしんどい作業ということも言えるわけですが・・・。

・・・ああ、なんてダラダラした内容なんだ。まずはこのあたりの「惰性で書いている」的な部分を是正していかないと、このブログは自分にとってなんら生産性のないものになってしまうかもしれません。気を付けなければ・・・。

|

« 1年間で52の課題に挑む | トップページ | 遅い出勤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/47401153

この記事へのトラックバック一覧です: ブログとツイッターの使い分け:

« 1年間で52の課題に挑む | トップページ | 遅い出勤 »