« 練習の記録をtwitterで | トップページ | ショスタコーヴィッチの交響曲第7番 »

2010年2月 3日 (水)

ブログのために日々考えるということ

以前、「CSR日記」という社内向けの勝手メルマガを発行していたことがあるのですが(その内容は実はブログでも公開)、それをやめて以来、どうも自分のセンサーがゆるゆると鈍って、考えなくなってきているような気がしています。

ナレッジマネジメントを担当していた頃も、CSRを担当し始めた頃も、日々考えたことをメルマガやブログのような形で発信する中で、自分自身の考えを固めてきたのですが、それをやらなくなったことで、そうした屋台骨が揺らいできているように感じるのです。

実際のところ、再開するとなるとかなりしんどいのですが、自分のためにもそうしたことは続けた方がよいのかもしれません。

一方で、悪い意味で慣れてしまうというか、「考えなくてもなんとか書いてしまう」ような状態になりつつあるのではないか、という気もしています。CSRに関しては、日記こそ書かなくなってしまいましたが(時々このブログで書いていますが)、月に1〜2度社内向けのオフィシャルに書く機会があります。ところが、その際の書き方がかなり「やっつけ」的な書き方になっているのです。

その時にネタを見つけて、その時に書く。

もちろん、ライブ感も必要というか、あらかじめ用意すればよいというものでもないのですが、それにしても自分の中に「なんとかなる」的な過信があるような気がするのです。

内容のクオリティは維持できていると思うのですが、少なくともそんな状態で書いても、自分にとっての成長にはつながっていないはずです。

このブログもそうかもしれないと思うのは、ネタを事前に準備するかどうかはさておき、書いている内容がそれまでに考えたことではなく、その時に考えていることになっているような気がするからです。

文章がまとまらないのはある程度やむを得ないとしても、考えが定まらないようでは、書くことによる自分へのフィードバックは望めません。

ああ、本当にまとまらなくなってきた・・・。

|

« 練習の記録をtwitterで | トップページ | ショスタコーヴィッチの交響曲第7番 »

コメント

参考になります。
個人的にソレを「ブログ脳」と呼んでいます。

アウトプットありきの情報収集、情報整理で、効率がよくなる。

ただ……テーマによっては時間をかけて熟考すべきで……。

投稿: waka | 2010年2月 9日 (火) 20時47分

コメントありがとうございます。

そうですね。テーマによっては熟考が必要になるかもしれません。

ただ、そんな場合も、途中途中のプロセスを都度アウトプットしてしまう・・・なんてこともやっていたりしました(笑)

投稿: ProjectK | 2010年2月10日 (水) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/47465079

この記事へのトラックバック一覧です: ブログのために日々考えるということ:

« 練習の記録をtwitterで | トップページ | ショスタコーヴィッチの交響曲第7番 »