« 仕事以外の時間の回し方 | トップページ | 雨だよ・・・ »

2010年2月25日 (木)

もらわなければもったいない

先日の会社の株主総会では応援として会場に行っていたのだが、そこで少し考えさせられる場面に遭遇した。

インフルエンザへの配慮として、噴霧用のアルコールと無料配布用のマスクを用意していたのだが、来場者が殺到し、奪い合いとまではいかないが大量に持っていく人を相当数見かけたのだ。

もちろん中には、自身もマスクをしていて、「少し余計に貰っていってもよいかしら」と聞いてくる人もいた。マスクは原則使い捨て(一度外したら新品に交換)が望ましいので、機会があれば入手しておきたい気持ちはよく分かるし、それは「どうぞどうぞ」という気がする。

その一方で、会場でマスクをするわけでもなく、箱ごと持っていく人もいるのだ。あのマスクはその後どうなるのだろうか。最終的に使われるのであればまだ良いのだが、結局使われることなく終わってしまうということはないのだろうか。

そこで考えてしまったのだ。

日本人の「エコな」美徳としてもてはやされた「もったいない」には実は、「捨てるのはもったいない」というモノを大切にする側面だけでなく、「(せっかくくれるものを)もらわないのはもったいない」という側面があるのかもしれない。その両面を備えた「もったいない」は、もしかしたら「足るを知る」とは正反対の際限なき欲望の裏返しということはないだろうか。

「捨てるのはもったいない」にしても「もらわないのはもったいない」にしても、こんな枕詞が隠れているということはないか。

「使わなくても」

使わないものを処分しないのは、果たして本当に「もったいない」ことなのだろうか。
使わないものを「せっかくくれるんだからもったいない」ともらって帰るのは、無駄という意味の「もったいない」ではないだろうか。

少なくとも「もったいない」という時に、持っていることをもったいないと捉える考え方はあまり聞かないよなと思いつつ、意外とこれはモノに執着する姿勢の現れなのではないか、などと考えてしまったのだった。

|

« 仕事以外の時間の回し方 | トップページ | 雨だよ・・・ »

コメント

我が家の地元では、お祭りのときに似たような状態になります。
子供向けに配っているお菓子を取りに、多数の大人が手を出してきます。
「子供は、ベビーカーにいる」
「子供は寝ちゃった」
お神輿を担いだり、山車を引いている子供に「お疲れさま」で配っているものなのですが、平気です。
酷いのは、お菓子といいながらも、配ってくれるお家の事情でカップラーメンなんかを出すと、大人の手は倍増します。
「カップラーメンに困っているわけでもなかろうに・・」とは思うのですが。

マスクと意味は違うかも知れませんが、「くれるものは、何でもほしい」ということが共通しているのかも知れませんね。

投稿: ooki | 2010年2月25日 (木) 10時03分

子どもをだしにする親というのは考えさせられますね。株主総会にはさすがに子どもはいませんでしたが・・・(笑)

で、もらえるものは何でももらおうという動機を言葉にすると何だろうと考えると、ここにも「もったいない」が登場するわけです。

この場合の「もったいない」には、捨てない動機とされている「大切にする」という要素は薄い気がします。

となると日本人は「モノを大切にする」のではなく、「モノに執着する」から「もったいない」(何でももらうし何でも捨てない)という言葉を使うのではないか・・・などという悲しい事を考えてしまったのでした・・・。

投稿: ProjectK | 2010年2月25日 (木) 22時41分

( ̄▽ ̄)
なるほど~。

世界語になった「もったいない」ですが、そっちの意味かもしれませんね。

こうして、またゴミが増えていく……。

投稿: waka | 2010年2月26日 (金) 10時00分

いえいえ、ゴミは増えません。日本人は捨てるのも「もったいない」と思うからです。

・・・という戯言はさておき、一方で結果として捨てられるのでなければ、動機は「大切にする」でも「執着する」でもかまわないような気もします。後者は「美徳」とは言い難いかもしれませんが、「大切にする」が、長く使って新しいモノを買わないという考え方とすれば、「執着する」は、前のは捨てないけれども新しいモノも買うという考え方なので、経済の活性化にはつながる利点があります。

もっとも、「もったいない」や「ものづくり」といった「モノ至上主義」は、サービスといった形のないものを軽視してしまう問題もあるような気がして、そのあたりが微妙です。

投稿: ProjectK | 2010年3月 1日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/47658005

この記事へのトラックバック一覧です: もらわなければもったいない:

» MOTTAINAIはエコじゃなかった? [ウェブライター流転記(改訂版)]
先日、ゴミ問題に関する原稿を。 たしか、2003年に雑誌に書いた記事で、 「日本が抱えるもっとも大きな問題は、少子高齢人口減少とゴミ問題」 といったことを主張したのを思い出す。 結局、 産業廃棄物の増加は減りつつあるけど(減少ではなく、微増)、 家庭ゴミは激増した。 いま、世界で一番、ゴミを出しているのは、日本の家庭ですよね? 調べる気もおきないし。 もらわなければもったいない タダでくれるからと、必要以上にモノをもらう。 「もったいないから」と。 世界語になった「MOTTAINAI」は、 自分の懐... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 00時01分

« 仕事以外の時間の回し方 | トップページ | 雨だよ・・・ »