« アバター | トップページ | ブログのために日々考えるということ »

2010年2月 2日 (火)

練習の記録をtwitterで

先週の土曜日もスキーに行っていたのですが、その時にふと思いついて、滑っていて感じたことをリフトに乗っている間に呟いてみました。

ちなみに行ったのは信州野麦峠スキー場。以前は良く行っていましたが、遠いので最近は足が遠のいていました。


Jan 30th from TwitBird iPhone

まずはウォーミングアップ。思ったよりバーンが硬い。
9:22 AM Jan 30th

2本目。やっぱり思ったよりバーンが硬い。雪面の抵抗が強くて富士見の時より足に負担がかかる。 もう一本滑ったら上に行こう。
9:33 AM Jan 30th

3本目。ずらしを意識したショートターン。ノンストップだと息があがる。疲れる。
9:44 AM Jan 30th

4本目。上はちょっとリフト待ちが発生しているので、もう少し下で滑る事にする。 ずらしを意識したミドルターン。足裏全体で雪面を掴めるようになりたい。
9:56 AM Jan 30th

5本目。上まで上がってみた。雪は柔らかくて楽しいが斜度が増すのであまり練習にならない。下に戻る。 開脚でのミドルターン。ずらしたいけど流れてしまう。という事は、きちんと外足に乗ってコントロールできていないという事だ。再チャレンジ。
10:23 AM Jan 30th

上の方は圏外になる事が判明。ツイートは短めに。
10:24 AM Jan 30th

7本目。開脚でのミドルターン3本目。少しプルークぎみにしてみる。 下のリフトも混んできたので、一番空いている短いリフトへ。しばらく緩斜面中心かな。
10:36 AM Jan 30th

8本目。開脚でのショートターン。プルークぎみにするが、感覚的にはこれが一番難しい。足を閉じればもう少し楽だけど、それでは練習にならない。
10:43 AM Jan 30th

9本目。開脚でのショートターン。斜度的にはもっと姿勢が高くても良いはずだが、ついつい上体をかぶせてしまう。悪い癖だ。
10:51 AM Jan 30th

10本目。プルークでのショートターン。斜面に負けて踏んばりきれず、流れてしまう。きつい。
10:58 AM Jan 30th

11本目。より緩斜面でプルークのショートターン。ま、でも大切なのはプルークの姿勢ではなく、板にベストポジションで乗れているかだったりする。乗れていればどんな姿勢でも安定する。
11:07 AM Jan 30th

12本目。ゆっくり滑るストレスが溜まってきたので、開脚の高速ターン。そろそろ上に上がろうかな。
11:13 AM Jan 30th

13本目。緩斜面での高速ターン。というか、緩斜面なので高速というほどの速度がでない・・・。
11:21 AM Jan 30th

14本目。ひたすらショートターン本日2本目。少し体をいじめる。
11:32 AM Jan 30th

15本目。高速ターンでクールダウン。
11:38 AM Jan 30th

16本目。ずらさないロングターン。斜度と距離にもよるが一番楽なターン。
11:46 AM Jan 30th

17本目。緩斜面で小さくジャンプしながらロングターン。足がついてこなくて思った以上に安定しない。うまく乗れていない。
11:54 AM Jan 30th

18本目。ジャンプしながらのロングターン2本目。1本目よりは安定。少しゆったりした方が良さそう。
12:01 PM Jan 30th

19本目。緩斜面で足踏みしながらロングターン。これ開脚でできるだろうか。
12:08 PM Jan 30th

20本目。足踏みターン開脚バージョン。まあまあだが、やはり重心を移動する時にふらつく。そう言えば以前本当の意味の「ターン」は、この切り替えの瞬間と言われたことがあったっけ。
12:18 PM Jan 30th

21本目。ストックを横にして腰に当て。ポジションを確認しながらロングターン。緩斜面でゆるすぎたので、次は中斜面で。 ツイート中にリフトが止まると投げ出されそうでちと怖い。
12:24 PM Jan 30th

22本目。中斜面で腰のポジションの確認。まあ良いと思うのだが、これは人に見てもらわないと本当の所は分からないな。
12:31 PM Jan 30th

23本目。同じようにストックを腰に当てたまま、今度はショートターン。ストックや手を固定しているとショートターンは途端に難しくなる。体重移動が難しくなるので。 ・・・再チャレンジ。
12:40 PM Jan 30th

24本目。ショートターン2本目。まだまだ安定せず。それと、たいした斜度ではないので、もう少し腰高で滑れた方が良いはず。
12:46 PM Jan 30th

25本目。ショートターン3本目。腰の高さを意識してみる。時々腰が落ちてしまうが・・・。
12:53 PM Jan 30th

26本目。ストックを復活させてショートターン。体の使い方がかなり違う印象だが、それが悪いのか、そういうものなのかはよく分からない。
1:01 PM Jan 30th

27本目。緩斜面でプルークによるポジション確認。プルークと言っても減速の手段ではないのでそれなりに高速。速くなってくるとついついずらさなくなるため、もっと外足のずらしを意識できると良い。
1:10 PM Jan 30th

28本目。制動を意識しながらずらすプルークで再度ポジションを確認。まだスピードに負けている。
1:17 PM Jan 30th

29本目。一番上まで上がって、ノンストップでフリー滑走。さて、もう一本行きますかね。
1:37 PM Jan 30th

30本目終了。 というわけで、信州野麦峠スキー場からお届けしました。今から撤収します。
2:01 PM Jan 30th

一番上からの景色はこんな感じです。 http://yfrog.com/1en64nj 2:03 PM Jan 30th from Tweetie


と、このような感じで、実況中継というか、記録を取ったわけですが、スキーの場合、リフトに乗っている時間は時間はどうしても空いてしまうため、こういった使い方もありかもしれません。指先は冷たくなってしまいましたが・・・(笑)

|

« アバター | トップページ | ブログのために日々考えるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/47456559

この記事へのトラックバック一覧です: 練習の記録をtwitterで:

« アバター | トップページ | ブログのために日々考えるということ »