« 考える事とアウトプット | トップページ | パーティーでの会話 »

2010年10月28日 (木)

GoogleカレンダーとToodledo

会社でのスケジュール共有に、グループウェア(Notes)ではなく、会社独自のスケジュール共有用の掲示板を使う事になり、Googleカレンダーでの個人のスケジュール管理もあわせて三重入力ではあまりにも煩雑になるため、Notesの利用はすっぱり諦める事にした。

個人のスケジュール管理には、引き続きGoogleカレンダーを使うので、それでも二重入力にはなる。しかしこれはやむを得ない。仮に同期ができる様になったとしても、個人のスケジュールまで会社で共有する気はないからだ。

一方で、タスクの管理をどうするか、という問題が浮上してきた。これまでは仕事上のタスクに関してはNotesのタスクリストを利用してきたが、カレンダーと併用しないのであれば、あまりこだわる必要もない。部署内で共有できる強みはあるが、カレンダーを参照されなくなれば、あまり見られるという事もないだろう。(もともとそれほど共有する様なものでもない。)

しばらく前から、個人のタスク管理としてはToodledoを利用する様になっていて、最近オケの関係まで利用を広げている。オンラインのサービスに会社のタスクを乗せるのは若干抵抗があるが、この機会に一元化してしまっても良いのかもしれない。

会社のタスクは細かいものまで入れるとかなりの量になる。埋もれてしまうのが若干怖いのだが、期日と優先度を設定すれば、重要度順に並べてくれるので、それをうまく使っていくことになるだろうか。(余談だが、言葉の意味としてはこうなのだが、実際には「期日」と「重要度」から、「優先順」に並べてくれると嬉しい気がする。そう使えば良い事だが。)

スケジュールに関しては昨日のうちに移行してしまって、Notes上からは今後の予定は消してしまったのだが(会議招集など、通知用のスケジュールは例外として残す予定)、タスクに関してはまだ手をつけていない。先に登録の原則を決めておかないと、混乱しそうな気がしたからだ。

特にこれまで意識的には設定していなかった優先度の設定はきちんと決めておいた方が良い気がする。今までは結局「クローズドリスト」的な使い方で、いわばメモ的なものだったのだが、その考え方は活かしつつ、タスクをどこまで細分化して登録していくかといった事も考えておいた方が良いのだろう。

ちなみにiPad上では、スケジュールもタスクもInformant HDを利用している。Toodledoのフォルダの他、ローカル限定ならコンテキストも設定できるので、煩雑にならない程度に使っていけると良いなぁなどと考えている。

|

« 考える事とアウトプット | トップページ | パーティーでの会話 »

コメント

If you’d like a tool for managing your time and projects, you can use this web-application inspired by David Allen’s GTD:

Gtdagenda.com

You can use it to manage and prioritize your goals, projects and tasks, set next actions and contexts, use checklists, schedules and a calendar.
Comes with a mobile version too, and with an Android app.

投稿: Dan | 2010年10月28日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/49866526

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleカレンダーとToodledo:

« 考える事とアウトプット | トップページ | パーティーでの会話 »