« 寄付の対価 | トップページ | 経営陣は「巻き込む」相手か »

2010年10月18日 (月)

MacBookの買い替え

かものはしプロジェクト使わなくなったパソコンを集めているという話を聞いて、昔のパソコンも提供できるが、そういえば最近MacBookが手狭になってきたので、買い替えて今のは寄付してしまうのも良いかもな~などと考えてみた。(口実として・・・笑)

しかし、調べてみると、同じ13インチモデルだと、あまり大きなスペックの向上が望めない感じだ。15インチにサイズアップをすれば色々向上しそうな感じだが、さすがにサイズを大きくするのは少々辛い。だったらiMacでもいいんじゃないかという感じになってしまう。

もっとも、手狭というのは主にHDDのサイズの話ではある。Macを使う事にも慣れてきたので、可能であればWindowsも入れてしまって、いざという時の為に残してある様なHP-Miniなどを手元から無くしてしまいたいのだが、そこまでするにはHDDのサイズが足りないのだ。

もっとももう一つ気になっている問題はあって、MacでWindowsを使う場合にどこまで周辺機器に対応できるのか、という事がある。Let's noteに接続していたチューナーは壊れてしまったので、今更接続するのはPSPぐらいではあるのだが、可能であれば使わなくなってしまったウォークマンなども接続したい。

かものはしプロジェクトで集めているパソコンは、とりあえず電源が入りさえすれば寄付としては成り立つそうだが、VAIO505やThinkPad240ぐらいだとさすがに古すぎる気がするし、サインやらシールやらがあって、気持ち的にも若干提供しにくい。Let's noteやHP-Miniであればまだ使える感じはあるし、今使っているMacBookも含めて余計な「しるし」もない。

そういった意味では、今この機会に環境を統合してしまえば、自分にとっても、かものはしプロジェクトにとってもそれなりの意味はあるのだ。さてどうしたものだろう。HDDだけだったら自力で交換という選択もありそうな気がするんだよな・・・。

|

« 寄付の対価 | トップページ | 経営陣は「巻き込む」相手か »

コメント

ほぼ答えは出ているようですが。(笑)
HDDの換装は、Webにありますが簡単です。ついでにメモリも増やしておくとWindows対応が楽です。
Windows搭載は、Bootcampがお薦めです。VMware Fusionは、びっくりするほど遅いので止めておく方が良いかと。
 
15インチは進化していますが、13インチは交換するほどではないですね。

投稿: ooki | 2010年10月18日 (月) 11時08分

ありがとうございます。やっぱりそうなりますよね・・・なんとなく物欲がムラっときてました。

近いうちにメモリとHDDの交換にチャレンジしてみたいと思います!

投稿: ProjectK | 2010年10月19日 (火) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/49775034

この記事へのトラックバック一覧です: MacBookの買い替え:

« 寄付の対価 | トップページ | 経営陣は「巻き込む」相手か »