« 演奏会の段取り | トップページ | 喉が痛いことの影響 »

2010年10月 5日 (火)

軟口蓋形成術

先週の火曜日に喉の手術をした。

睡眠時無呼吸症候群やイビキの治療に用いられる軟口蓋形成術という手術で、のどちんこ周辺の形を整えてイビキの原因となる振動体を除去するものだ。イビキに関しては以前から気になってはいたが、手術を受けたのは、まぁたまたまである。

(直接的なきっかけは、調整をした楽器を取りに行く為に会社を休んだ時に、時間があるので検査を受けることにしたから、という事になるだろうか。実は以前同じような理由でレーシックの検査も受けた事があるのだが、こちらはその後のスケジュールが合わず手術は受けなかった。)

2週間はかなり痛むという事で、再三脅されて(?)いたのだが、確かに痛い。痛み止めの薬が効いている間はともかく(それでも喉に刺激があると痛みが走る)、切れると話すのも辛くなってくる。

実際、まだ痛みはひいていないのだが、昨日の診察では残り1週間以内に絶対に痛みは無くなると断言されてしまった。来週は病院の先生が海外出張されるということで休診なのだが、薬を1週間分しか処方しないというので、痛みがひかなかったらどうすれば良いかちょっと聞いてみたのだ。

個人的には何事も断言する人間というのは微妙に信頼できないのだが・・・。

正直に言えば、ここ2日程の方が痛みに襲われる機会が増えていて(薬の効果が短くなっているような感じ)、少し不安を覚えていたのだが、看護士(師?)さんの話ではそういうパターンもあって、その後ぱたりと消えるらしい。「自分もそうだった」って、あんたも受けたんかい!とつっこみたくなったが、後はそれを信じるしかないだろう。

もっとも、不安は感じつつも、基本的には最終的に大丈夫だろうとは信じている。医者の言うことがどうこうと言うよりも、生体のメカニズムとしてこの手の問題はなんとかしてしまうだろうという曖昧な根拠ではあるが、生物はそういうものだという確信があるのだ。

そんな訳であと1週間の辛抱。効果のほどは?自分では確認のしようがないのでどうしようもない。ただ、呼吸はしやすくなったと感じているし、その程度でも良いのではないかと思っている。

|

« 演奏会の段取り | トップページ | 喉が痛いことの影響 »

コメント

その手術を受けようと思っています。
そんなに痛いですか?
私も、2週間痛い、でも痛みは2週間で終了。人によって前半は痛く無く後半で痛みが出てくるという人もいて、人それぞれであると言われました。痛い時の食事は、うどんやおかゆ、酸味のあるジュースもしみるので、十六茶の様なお茶を常温で飲むのがお勧めとも言われました。最悪の時は通常食後の痛み止めを食前に飲んでから食事とも言われました。想像が付かずにいます。とても痛いですか?

投稿: saki | 2012年10月26日 (金) 20時35分

そうですね・・・結構痛かったと思います。ただ何というか、耐えられない痛さというよりも「常にひかない痛さ」みたいな感じでしょうか。
痛みというのはある程度「慣れたり」、刺激を与えないことで「なんとなくおさまったり」するものではないかと思いますが、喉というのは常に動いているので、ようするに「常に」じわじわ痛むのです。黙って口を閉じていても、呼吸をする、つばを飲み込むといった動きが発生するため、その刺激が常に発生します。
食事は・・・そうですね、プリンとかゼリー飲料とかにも頼りましたが、結局どんなものでも「飲み込む動作」がある限り多少痛むのは避けられないという感じで、せめてかまずに済むものを、というチョイスをしていた気がします。

投稿: ProjectK | 2012年10月27日 (土) 23時26分

ありがとうございます!
【耐えられない痛さというよりも「常にひかない痛さ」みたいな感じ】このフレーズ、とても参考になりましたgood
かなり不安を感じる説明を受けましたが、医者というものは最悪のケースを想定して話すものだと思い、結局、手術は申し込みました。これでコンプレックスとお別れ出来るなら、人生も変わるかもup

投稿: saki | 2012年10月28日 (日) 14時55分

教えてください!
手術を予定している二日後に大事な用事が出来、手術日を変更しようか迷っています。痛み止めを飲んでも、人との会話の際に痛みを感じますか?病院に問い合わせようかとも思ったのですが、体験者の声の方が真実味を帯びているというか、生の声を聞きたくてコメントしました。用事は1日ではなく、午後の数時間。朝食と昼食を自宅でゆっくりと食事をし、痛みどめを飲んで出掛ければクリア出来るかな?と思っているのですが、甘いでしょうか?

投稿: saki | 2012年11月 9日 (金) 00時47分

大分記憶は薄れていますが・・・痛み止めの効き具合は人それぞれと思いますが、痛み止めが効いていても喉を動かせばそれなりに痛みはあったという記憶はあります。私の場合、あまり人と大量に話すという事がないので、その点であまり支障は感じませんでしたが、話している最中はともかく(それなりのテンションなので)、それで一旦喉に刺激と乾燥を与えてしまうと後が少々辛かった気がします。
会話程度ならまぁ我慢の範囲かもしれませんが、講演みたいな形で強く話さなければならないとなると辛いかもしれません。

投稿: ProjectK | 2012年11月 9日 (金) 08時05分

ありがとうございますsign01
当日は、講演等ではなく就活の一環として合同面接会に行くことになり、企業の方と30分程度の会話がありますが、少々の痛みがある方が気持ちが引き締まって良いかもupポジティブに捉えて、頑張ってみます。
本当にありがとうございましたhappy01

投稿: saki | 2012年11月 9日 (金) 17時32分

先週火曜日に手術を受けました。
未だに痛みがあります。
多少は治まった感はあるんだけど、まだ痛い。
唾・あくび・くしゃみ等々
術後耳の奥・鼻の奥・奥歯に激痛を感じます。
あとどれくらいでまともに食事が取れるようになるかな??

投稿: なおっち | 2012年11月22日 (木) 09時59分

今頃のコメントですみません。その後痛みはどうでしょうか。
私の場合は、先生が宣言した通り、二週間でとりあえず問題はなくなりました。もちろんしばらくは違和感のようなものはあったように思いますが「痛い」という感覚は嘘のように消えたと記憶しています。
実際、1週間をすぎて10日をすぎて・・・あたりがとても不安になるんですよね。このままひかなかったらどうなるのだろうか、と。
人それぞれだとは思いますが、一応私の経験まで。

投稿: ProjectK | 2012年11月29日 (木) 21時28分

ありがとうございます。
私も10日を過ぎたぐらいから食事が取れるようになり、まだ違和感はありますが、もうほとんど痛みはなくなりました。

投稿: なおっち | 2012年11月30日 (金) 23時30分

私は先週の水曜日に手術を受けました。今日で丁度1週間です。初日と痛みは全く変わりません。トホホ。痛み止めが効いていないとかなり痛いです。奥歯や鼻の中が痛いような、耳まで痛いような気がします。
食事が思うように取れないので、1週間で3キロ減量しました。
また、喉が痛いからでしょうか、いつもある腰痛が感じられません。
んん~。良いのか悪いのか。生まれてから、初めての体験は、「食べなくてもいいや。」という心境になった事です。食べると痛いからですが。しかし、食べないと薬が飲めないので、無理やり痛さを堪えて飲み込んでいます。
みなさんもそうなのでしょうか。。。

投稿: TOSHI | 2012年12月11日 (火) 22時07分

私の場合、手術後5日から11日目辺りの明け方がとても辛かったです。痛くて目が覚める感じ。寒い時期で、布団にもぐっていることもあり喉が乾燥することが痛みを増していたようです。起きてぬるま湯を口に含み座薬を使うことで、再び眠りにつくことが出来ました。8日目に受診した際に話したら、1週間前後のあたりが一番つらい時期であると言われました。昼間は薬があっていたせいか、辛くは無かったですが、怖いので食事は流動食メインで過ごしました。

投稿: saki | 2013年1月12日 (土) 14時37分

いつの間にか幾つもコメントが・・・まぁ不安ですよねぇ確かに。個人的にはレーシックにも同じような不安を感じていたりします。

と、そんな話はさておき、もうみなさん痛みはひいてますよね。呼吸は改善されたんでしょうか。

投稿: ProjectK | 2013年1月17日 (木) 22時55分

昨年11月に手術をしましたが、初めは無呼吸も無くなりましたが、最近はまた無呼吸が復活して眠くて眠くて仕方がありません><

投稿: なおっち | 2013年4月29日 (月) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/49653871

この記事へのトラックバック一覧です: 軟口蓋形成術:

« 演奏会の段取り | トップページ | 喉が痛いことの影響 »