« Macbook AirよりiPhoneか? | トップページ | 方針をどう考えるか »

2010年12月 2日 (木)

タスクは期限ではなく着手日で管理したい

タスクの管理をWeb上のToodledoとiPad上のInfomantHDで行うようになってからしばらく経つのだが、ようやく慣れてくると同時に、自分にとっての課題も見えてきた。

一番大きいのが、Due dateの扱いだ。

ついつい期限として扱ってしまう(InformantHDにはStart dateという設定項目もあるので、なおの事そう考えてしまう)のだが、考えてみたらそのタスクの締切日に「今日やる事」としてリストで示されても困るのだ。その日まで忘れていて(忘れるためにリスト化しているのだ)、いきなり今日が締め切りです、と通知されていては、間に合わない。

InformantHDでは、Todayビュー上に予定とタスクが表示されるのだが、せっかくStart dateという項目を持っているのに、なぜStartではなくDueで表示されるのか?

もっとも、Toodledoで日付を設定できるのはDue dateだけだ。そう考えると、運用上はこの項目を着手日として使うのが良いという事なのだろう。

ただ、問題もあって、その場合「締め切りは何時か」という情報を別に持っておかなければならない。あらかじめその日に着手する事を決めておいたとしても、その日の状況により優先度をつける際に、期限は重要なファクターだからだ。

できればピンポイントに何月何日という情報を持てれば良いのだが、そういった情報項目はない。InformantHDには多くの項目が用意されているが、Toodledoにあるのは、後はPriorityとFolderだけだ。Priorityは内容をカスタマイズできないので、Folderでという事になるだろうか。

でもそれで日付を管理するのはかなりしんどい気がするし、すでにタスクの分類用に使っている。
Priorityを大雑把な期限設定に使うという考え方もあるのだが、デジタルに何時という情報がないと、ズルズルと先延ばしにしてしまいそうな気がするんだよね・・・。

|

« Macbook AirよりiPhoneか? | トップページ | 方針をどう考えるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/50188125

この記事へのトラックバック一覧です: タスクは期限ではなく着手日で管理したい:

« Macbook AirよりiPhoneか? | トップページ | 方針をどう考えるか »