« スキーの季節 | トップページ | 残業 »

2011年1月11日 (火)

筋肉痛

この週末は、委員長としての初めての総会が終わり、アンサンブル大会でバイオリンを弾くという暴挙も終わり、ようやく初滑りに行ってきた。

・・・ので、スキーの様子など。

初滑りのステージは、ブランシュたかやまにするか迷ったのだが、前日の疲れも(多少)あったので、高速から近い富士見パノラマリゾートをチョイス。車の運転としては楽だが、コースはハードな部類にはいるだろうか。

http://www.fujimipanorama.com/snow/index.php

最初に3本ほど麓のセンターゲレンデで足慣らしをしてから、ゴンドラで頂へ。3kmのロングコースをまずはノンストップで滑る。朝のうちはフラットに整備されていて、人も少なめなのでかなりスピードを出す事も可能だ。

・・・が、最初の2本で全開は無理という事が判明。麓まで足が持たないのだ。途中で膝がガクガクしてきて、スピードを緩めざるをえない。途中で止まるということはしなかったのだが、体力の低下を如実に感じることになった。

それでも5本滑って一旦休憩。昼食には早かったので、ほんの一休みで再びコースへ戻る。

さらに5本ノンストップで滑ったのだが、流石に限界を感じて11本目からは途中で止まることにして、姿勢や踏んだ感じを確認しながら滑る。

感覚としては、膝を内側に倒しすぎている感じだろうか。昔の板だとまっすぐ板を踏む必要があるのだが、今の板は膝を少し内側に入れて角度をつけてやれば簡単に曲がってしまう。そのくせがついてしまったのか、うまく踏めていない気がするのだ。

それでも、板は面白いように旋回していく。だからいいじゃないか、という考え方もあるのだが、どうにも落ち着かない。まだ家に残してある一つ前の板(それもカービングスキーではあるが、長さもあるし今の板よりもきちんとした操作が求められる)を一度引っ張り出して、きちんと確認した方が良いような気がしてくる。

そんな事を考えながら2本ほど滑ってから昼食。お昼の時間はすぎてはいたのだが、休日にこれで大丈夫なのか?というぐらい空いている。

普段だと昼食も簡単に済ませてさっさとコースに戻るのだが、この頃には腿の筋肉が痛みを感じ始めていて、靴も抜いで少し長めの休憩をとった。

・・・それが問題だったのか、そもそもダメージが蓄積されていたのか、その後コースに戻ると歩くだけでも痛む状態。ここ最近は筋肉痛といえば翌日にくるものと相場が決まっていたのだが、午後にははるかに強烈な筋肉痛に悩まされる事になった。

それでも2本ほど滑ったのだが、限界を感じてこの日は終了。もっとも、普段も昼過ぎに帰ってしまう事が多い事を考えると、むしろ粘った方ではあるだろう。

それにしてもなまった・・・もっとも、本来はいくら滑っても疲れないというのが理想ではある。
まだまだ無駄な力を使っているという事なのかもしれない。

さて、今シーズンは何回ぐらい行けるだろうか。今週末も行きたいね。

|

« スキーの季節 | トップページ | 残業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/50555259

この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉痛:

« スキーの季節 | トップページ | 残業 »