« 多様性の喪失 | トップページ | 新しいヘッドフォンを購入 »

2011年4月22日 (金)

無意識の差別

先日、つくば市で福島からの転入者に対して放射能検査を要求していたという報道があった。

つくば市、福島からの転入者に放射能検査要求
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110418-OYT1T00858.htm

・・・が、一部対応における勘違いと不手際はあったものの、やや曲解に基づく報道だったらしい。検査は行っているが、受け入れを拒否などしていないし、自身の安心のために受けている人もいるようだ。

福島県からの避難者への放射線検査について
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/1330/008543.html

個人的にちょっと反省してしまったのは、最初の報道に接した時に、「転入側としては受けといた方が良いだろうけど、それを求めるのは間違ってる」と考えたからだ。

[これはひどい][原発]もちろんこうした事はあってはいけないと思うのだが、一方で今後のためにはそうした検査を受けておいた方がいいんじゃないか、という気もする。健康被害が出た場合のある種の証明な訳だし。 http://b.hatena.ne.jp/ProjectK/20110419

問題は「間違っている」という部分。報道に乗せられたと言ってしまう事もできるが、少なくともその時に「自分はそうじゃないけど、そういう奴はいるだろうな」と感じたのは確かだ。

それはそれで差別的な意識ではないだろうか。

「いや、そんな奴はいないだろう」と思っていれば、報道自体を疑う、という発想もできたはずだ。そうならなかったのは、自分の中にも、報道されたような意識が潜んでいたからではないか。

こんなtweetも見かけた。

つくば市の放射能証明書の話は、「差別したい」「差別はあるはずだ」「誰かが差別しているはずだ」という、記者・視聴者・読者の無意識を、つくば市に投影しただけじゃないのか?

この無意識の差別感が自分にもあったという事だ。

もちろん、それはそれで自分の感性の部分の話だし、あるべきではない、と簡単に否定できるものでもない。ただ、注意は必要だろうな、という話。

|

« 多様性の喪失 | トップページ | 新しいヘッドフォンを購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/51457239

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の差別:

« 多様性の喪失 | トップページ | 新しいヘッドフォンを購入 »