« 楽器に触れる機会 | トップページ | 会社の机 »

2011年6月14日 (火)

原発徒然

イタリアで国民投票により原発が否定された・・・だからという訳でもないが、いくつか考えた事など。

まず個人的な原発に対するスタンスを明らかにしておくと、消極的な肯定派という事になるだろうか。ガンダムなどを見て育っているためなのか、人類は原子力もゆくゆくは制御できる、あるいは制御すべき、という楽観があるのかもしれない。

未来に負債を遺すのか、というが、実際にはすでに遺してしまっている。すべての原発を無くしても、放射性廃棄物は残る。原発を無くした後、これをなんとかしようというモチベーションを人類は持てるだろうか。原発を続けるなら、放射性廃棄物をどうするかという課題は常に意識されるだろうが、なくなったらハイおしまい、で先送りしてしまうという事はないだろうか。

未来の人類が、「こんなものを遺しやがって」というのか「あの時やめずに続けていたら」というのかは、未来の人類にしか分からないのだ。
(そういった意味では「未来のため」というのは個人的にはあまり好きではない。そういう気持ちは大切だと思う反面、結局それは今の自分たちによる一方的なものにすぎず、免罪符にも何にもなりはしないと思うからだ。)

もっとも、現実問題として、今の原発が「制御できている」に足るとは思わない。おそらくまだ実用段階、あるいは普及段階というには早すぎる技術という事なのだろう。だから、「脱」原発ですべてを捨てるのではなく、「抑」原発ぐらいで減らす(なくす為に減らすのではない)事は考えた方が良い。いずれにしても、0か100かの議論では何だか気持ちが悪い。

それから、脱原発ばかりで、次をどうしたいのか分からない、というのも気になる。ベルルスコーニ首相は自然エネルギーに言及したそうだが、「安定電源」である原発と、不安定な自然エネルギーはそもそも置き換えが可能なエネルギー源なのだろうか。自然エネルギーの普及は大切だと思うが、原発に求められた性格とは相入れないような気がしてならないのだ。

そうそう、イタリアやドイツが脱原発を進めて、原発のあるフランスから電気を買っているというのは、福島の原発に頼っていた東京と構造的に重なるよな~などとも思ったり。
(もちろん福島の場合地元の余剰電力を売っていた訳ではないので、その部分は異なる。ようは目の前じゃなければ良いという使う側の心理としてという事だ。)
少し気になるのは、今後先進国が脱原発を進めた時に、途上国に原発を建設してそこから電気を買うみたいな構造にならないかってことで、これは単純に世界全体での原発リスクを高めることになるので、それなら先進国で持っていた方が良いのは確かだ。

そんなことは許されない、というかもしれないが、食料生産や工業製品の製造をそうやって移転してきたのが、これまでの歴史だということも忘れてはならない。電気の場合、物流コスト(送電ロス)が大きいからそうなっていないだけの話で、それが劇的に改善されれば、一線を超えるのはむしろたやすいのではないか、という気がしなくもない。

うーむ、まとまりなくだらだらと書いてしまった。

|

« 楽器に触れる機会 | トップページ | 会社の机 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/51939852

この記事へのトラックバック一覧です: 原発徒然:

« 楽器に触れる機会 | トップページ | 会社の机 »