« 平河町ライブラリー | トップページ | 都市部に通う働き方 »

2011年7月 8日 (金)

九州電力の「何が」問題なのか

九州電力のやらせメールが結構な騒ぎになっている。確かに拙いやり方だったなとは思うのだが、さて、これはそんなに「問題」な事なのだろうか。官房長官が「言語道断」と言い、社長が辞任するほどに?

そんなことが気になるのは、これが「市民団体」による「原発再稼働に反対する意見」を寄せる呼びかけだったら、ここまでの騒ぎになったのだろうか、という気がするからだ。あるいは、自然エネルギーを推進する企業による呼びかけだったら?ソーシャルメディア上で巨大な影響力を持つ(自社の社員も当然それを見ている)某企業経営者の呼びかけだったら?

それらの呼びかけに応えるのは自由意志だが、企業内の呼びかけは違う、と言われそうだが、冷静に考えれば本当にそうだろうか、という気もする。会社から上司の目の前で投稿する訳でもなく、やったかどうかを監視されている訳でもない。自宅からその社員が自ら行うのは「自由意志」ではないのだろうか。「会社に言われたらやるだろう」というのは、それはあまりに彼らをバカにしていないか。

一つおさえておかなければいけないと思うのは、電力会社の社員が原発再開に賛意を唱えることは、会社に強制されるようなおかしな事ですか、という事だ。もちろん反対する社員が居たって良い訳だが、賛成する社員が居たって良いはずだ。そこで会社の意思としては再開をしたい訳だから、そうした賛成してくれる社員に呼びかける、という図式は、そこまで嫌悪されなければいけないものだろうか。

原発再開に反対するのが(人として)当たり前で、社員も当然そのはずだから、会社が呼びかけて賛成させるのは「言語道断」・・・そんな意識が根底にないだろうか。
どうもそういった「逆の」言論抑圧の雰囲気を感じてしまうのだ。

もっとも、そんなことを考えてしまうのは、自分の場合、会社からそういった要請があったら「はいはい」と「再開に反対する意見」の方を平然と番組に寄せてしまうようなパーソナリティの持ち主だからかもしれない。

しかし、大抵はそうなんじゃないか(会社から何を言われても自分としてやることの判断は別と考える)と思うのだが、どうなのだろう。これらのお願いを問題視する人たちは、会社からそうしたお願いがあったら、自分は反対でも従ってしまうんだろうか。

そう考えることの方がよっぽど問題なんじゃないか、という気がする。

|

« 平河町ライブラリー | トップページ | 都市部に通う働き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/52149622

この記事へのトラックバック一覧です: 九州電力の「何が」問題なのか:

« 平河町ライブラリー | トップページ | 都市部に通う働き方 »