« 月曜日 | トップページ | 企業が社会の声に応える時 »

2011年11月22日 (火)

iPad or iPhone or MacBook Air

現在このブログを書く時はiPad+キーボード(有線)を使う事が多いのだが、実はキーボードを組み合わせるのであればiPhoneで書く事も可能だったりする。実際、過去にはそうした形で書いていた事もある。もちろんiPadの画面の広さは快適なのだが、折りたたみ式のBluetoothキーボード+iPhoneにすれば、手荷物は劇的に小さくなるんだよな・・・と思ったりした。(流石にキーボードなしではブログの更新や込み入ったメールの作成までは難しいので、iPhone単独というのは厳しい。)

そんな事を考えたのは、先日のアンサンブル・オレイユの練習の際に、カバンなし楽器だけで通う、という事をして、それが思った以上に快適だったからだ。雨だったので傘はあったのだが、楽譜を楽器ケースに入れ、持っていくのは最小限の荷物にすると、何だか気分的に楽だったりする。もちろん、練習だから実際にはそれで十分な訳で、他に余計なものを持っていく必要はないのだが、カバンがあるとついついいろいろなものを詰め込んでしまうのだ。
(ちなみに持っていくのを諦めたものの中で、これはちょっとまずいかな、というのはスコアだった。やはりスコアはもっと使うつもりでいた方がいいだろう・・・実際にはそれほど機会はないのだが。)

これには気候的な要素もあって、冬場は上着を着るのでポケットが増え、小物が持ち歩きやすいという事もある。夏場はカバンに入れていたものが、ポケットにシフトするのだ。ま、これについては良し悪しはあるだろう。

正直な話、今のiPadの使い方にiPadならでは、というものは少ない。作業性はもちろんiPhoneより上だが、入っているアプリはほとんど同じだし、ネットワークへの接続などではiPhoneの方が有利な場合もある。より込み入った作業になるとMacBook Airの出番で、これまたiPadの出番がない。

・・・とこんな書き方をすると身も蓋もないのだが、ではiPadは不要かというと別にそのようには考えていない。作業の快適性はあるに越した事はないし、バッテリーの持ちなどを考えるとセミナーなどでメモを取るといったことまでiPhoneでこなすのは無理がある。今の所は、無理に「使わない」生活にシフトする必要はないのだ。

ただまぁ、「いつでも持ち歩く」みたいな事は考えなくても良いだろう。実際、職場で持ち歩く事もなくなってしまった。3Gモデルであれば違ったかもしれないが、Wi-Fiモデルはやはり微妙に使えない場面が多いからだ。

それに見直すならば、むしろMacBook Airを持ち歩く機会をいかに減らしていくか、という方が切実な気がする。もちろん持ち歩きも考えて購入したものではあるのだが、それにしても最近機会が増えている気がするんだよね・・・。

|

« 月曜日 | トップページ | 企業が社会の声に応える時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/53303839

この記事へのトラックバック一覧です: iPad or iPhone or MacBook Air:

« 月曜日 | トップページ | 企業が社会の声に応える時 »