« 技術の再確認 | トップページ | MacBook AirとMzoneとEvernote »

2011年11月15日 (火)

立ち位置のゆらぎ

どうも最近自分の立ち位置が曖昧になってきている気がする。自分の中でも、周囲の見方も。思うがままに振る舞えばそうなるのはやむを得ない部分もあるのだろうが、それでいいのか、という気がしなくもない。

・・・と、Twitterでつぶやくだけならその一言で良いのだが、ブログでは中途半端な形なので、もう少し踏み込んでみる。

演奏委員会と運営委員会は、時として利害が(事情が、と言った方が良いかもしれない)ぶつかる場合がある。全体の組織が小さいうちは、両者は兼任される事が多く、そうした事情のぶつかり合いは委員会の内部事情として消化されやすいのだが、組織が大きくなり、両者の役割が分化されてくるとそうも言っていられなくなる。

そんな中で、(たまたま)両者を兼任をしていると、自分の立ち位置がよく分からなくなってくる。双方に帰属意識を感じていられるうちは良いのだが、双方から疎外感を感じるようになるのだ。特に自分の発言のスタンスと、周囲の受け取り方が違うと、そう感じる。不思議なことに、外の立場として発言している時に、中の立場として受け止められると、そのように感じるのだ。

どうしてそのような感覚になるのかはよく分からない。

普通に考えれば、中の立場で発言している時に、外の立場として受け止められることが疎外感につながるはずだ。が、なんだか逆のように感じている。おそらく、自分の考える立ち位置から疎外されたかのように感じるのだろう。この、自分のスタンスが揺らぐような感覚は、怖い。

自分の行動を抑制して、決めたラインから出ないようにしていれば、そう感じることはないに違いない。別に自分の人生に大きく影響するわけでなし、一定の節度を持って付き合っていれば良いだけだ。しかし、そこで抑えがきかなくなるのが悪い癖だ。

学生時代は、仮にそのようになったとしても、エンドが決まっていたのでリセットできた。自分ではどうしようもないエンドだから、リセットもそう難しくない。

今はそうはいかない。そうはいかないからこそ、自分で何とかしていかなければならない。

|

« 技術の再確認 | トップページ | MacBook AirとMzoneとEvernote »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/53248850

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち位置のゆらぎ:

« 技術の再確認 | トップページ | MacBook AirとMzoneとEvernote »