« 会社帰りに楽器を練習する | トップページ | 消費は社会的課題を解決しうるのか »

2012年1月26日 (木)

音楽練習室での練習

昨日は会社帰りに渋谷のヤマハミュージックアベニューに寄って練習をした。

感想を率直にいえば・・・うーん、という感じ。練習できない訳ではないが、正直にいえば少々うるさい。利用できたのは広めの部屋なのだが、右の部屋にドラム、左の部屋にエレキギターと、双方が漏れ聞こえてくる。この部屋はその緩衝帯として空けているんじゃないの?という感じだろうか。

そこまでは言いすぎにしても、防音という観点でいえば、カラオケボックスとあまり変わらない感じで、特にドラムの振動は床越しに伝わってくるのでちょっと辛い。自分が足でリズムを取ろうとする時に、別にリズムがその足を通じて伝わってきてしまうのだ。

もちろん、練習ができないわけではない。スペースも十分だし、譜面台や椅子もある。カラオケボックスの場合、譜面台はもちろん、椅子もなんとかしなければならない場合がある(基本がソファーだったりするからだ)から、そういった意味ではゆったり練習ができる。

さて、肝心の練習は、というと・・・。

2時間では足りなくて、やはりもう少し前からきちんとした見ておけば良かった、というのが一つ。
とはいえ、個人でさらうのはこの辺りまでが精一杯で、後はアンサンブルに入ってみないと分からないな、というのが一つだろうか。

後者はオケでも感じている事だが、どうも自分の場合、事前の個人練習ではさっぱり音が体に入ってこない傾向がある。ソロで弾くわけではないので、アンサンブルの中での自分の位置をイメージしながら弾く必要がある訳だが、その部分のイメージ力が弱いのだろう。自分が何を弾いているのかが分からなくなってしまうのだ。

今日明日は楽器を弾く時間をとれないため、後はそうした部分を少しでもイメージできるように楽譜を見ながら曲を聴く時間をとるしかない。それも練習といえば練習だが、そういえば昔「自分は練習嫌いなのでいつも頭の中でピアノを弾いている」とか言ったピアニストがいたな・・・。

|

« 会社帰りに楽器を練習する | トップページ | 消費は社会的課題を解決しうるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/53827174

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽練習室での練習:

« 会社帰りに楽器を練習する | トップページ | 消費は社会的課題を解決しうるのか »