« 消費は社会的課題を解決しうるのか | トップページ | タスク管理をどうするか »

2012年1月30日 (月)

室内楽を演奏する

土曜日はオレイユのメンバーとアンサンブル。レーガーのクラリネット五重奏を練習する。

こうしたアンサンブルは楽しいけれども、きつい。オケの合奏と違って自分一人でパートの音を支えないといけないという事もあるが、それ以上に「指揮者」というガイドでありリードをしてくれる存在がいない事がきついのだ。
テンポをキープし、拍を示すのは、指揮者の役割の一部にすぎないのは分かっているが、それがあるとないとではいかに演奏側の負担が異なるかというのを実感する。

一方で、合奏で再三指摘されているように、指揮者というガイドがいる事でお互いに「聴き合う」意識が薄れてしまっているのも確かだ。意識はもちろんしているのだが、アンサンブルの時のそれとは比べ物にならない。落ちても何とかすくい上げてもらえるオケの合奏と、落ちたら手を上げて止まってもらわなければ復活できないアンサンブルとでは緊張感がまるで違う。

特に今回は、バロックや古典のように、それでもまだ「分かりやすい」曲とは違ったのでなおさらだった。メンバーの一人が「個々のパートがパーツ化されていて、単独では何をやっているか分からない」と言っていたのだが、その通りの気がする。「次の音を予測できない」という評価もあったが、それぞれのパートの音を役割がめまぐるしく入れ替わるために、「自分は今ココ!」というのを把握しにくいのだ。

とはいえ、こうしたアンサンブルの経験は、間違いなく貴重だ。楽しさもあるが、間違いなくトレーニングとしてだけでも価値がある。大学以来オケ中心できたのだが、こうした機会はもっともっと意識的に作った方が良いのかもしれない。

府中でも、2月には室内楽コンサートであるミニクラシックコンサートがある。どうしても「そのために」結成されたメンバーと「そのための」曲を練習する事になるのだが、それはそれで楽しいとして、もっと違ったアプローチを考えてみたいと思ったのだった。

|

« 消費は社会的課題を解決しうるのか | トップページ | タスク管理をどうするか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/53859308

この記事へのトラックバック一覧です: 室内楽を演奏する:

« 消費は社会的課題を解決しうるのか | トップページ | タスク管理をどうするか »