« フィクションという「嘘」 | トップページ | 室内楽をもっとやりたい »

2012年2月 6日 (月)

右足の親指の付け根に乗る

土曜日に(また)スキーに行ったので振り返りなど。滑った本数はツイート数に連動しているので25本ということになるが、ゴンドラとリフトでも大きく違うので、あまり大きな問題ではない。

まずは軽く流してみる。2週間ぶりだし。
2012年2月4日 8:20:20 Keitai Webから

ロングターン。腰の位置が低くなってしまっているように感じる。この程度の斜度ならもっと高い位置の方がいい。
2012年2月4日 8:26:17 Keitai Webから

もう一度ロングターン。腰に手を当ててポジションを確認してみる。
2012年2月4日 8:32:18 Keitai Webから

プルークターン。今日の調子は悪くない!・・・多分。正直なところこれ以上は誰かに見てもらわないと難しい気がする。
2012年2月4日 8:40:14 Keitai Webから

もう一度プルークターン。ターン時に腰の位置を内にずらす必要があると思うのだが左ターン時にどうしても外に乗ってしまう。
2012年2月4日 8:46:18 Keitai Webから

プルークターンのつもりが途中からパラレルターンになってしまった。その方が腰のポジションは安定するのだが、プルークでできなければ本当にできているとは言えない。
2012年2月4日 8:53:29 Keitai Webから

デモ滑走がある模様。
2012年2月4日 8:56:34 Keitai Webから

さて、デモ滑走も見た事だし、一度上に上がろう。
2012年2月4日 9:05:58 Keitai Webから

さて、ゴンドラで上に上がる。上の方はやや曇っている雰囲気。それにしても寒い。
2012年2月4日 9:18:51 HootSuiteから

ウェアの裾が雪を引っ掛けて左ターンの時に足を取られる。そろそろ直さにゃならんな~。
2012年2月4日 9:36:46 HootSuiteから

ゴンドラ一本目は飛ばしている人につられて飛ばしてしまったので、二本目はゆっくり滑ったのだが、降りてきたらゴンドラ乗り場が混んでいた。今シーズン一番並んだ。一時期よりはましだけど。
2012年2月4日 10:03:09 HootSuiteから

ゴンドラに並ぶのはやめてリフトできちんと練習することにする。左ターンがやっぱり安定していない気がするんだよね。
2012年2月4日 10:22:29 Keitai Webから

集中力に欠ける滑りだった・・・気が抜けたというより手を抜いたという意味で。
2012年2月4日 10:32:14 Keitai Webから

右足に腰を乗せつつ左足で雪面を捉える右ターンの安定感に比べて、逆のパターンの左ターンの不安定感が半端ない。
2012年2月4日 10:39:59 Keitai Webから

そもそも靴の中で足の裏が捉えている雪面の感覚が違う。右足はしっかり土踏まずに当たっておらず、踵も浮いているような感覚がある。
2012年2月4日 10:51:36 Keitai Webから

なんとなく分かってきた。右足は前方外側に踏み込みの力が逃げてしまっている。多分足の形の問題だが、そうしないためには膝をかなり内側にひねりこむ必要がある。
2012年2月4日 11:02:59 Keitai Webから

一方で、この右足の形がスムーズな右ターンに一役買っている。元々外を向いているので内足として邪魔をしないのだ。
2012年2月4日 11:11:29 Keitai Webから

仕組みはなんとなく分かったが、これを矯正するのは結構しんどそう。靴のセッティングとかでなんとかならんかな。
2012年2月4日 11:16:41 Keitai Webから

まぁしばらくはかなり意識する必要があるだろう。
2012年2月4日 11:20:55 Keitai Webから

単に板に乗って身を任せる分にはあまり問題ない。コントロールしようとすると問題が生じる訳だ。
2012年2月4日 11:27:57 Keitai Webから

コントロールなしで楽しめるのは、人の少ない緩斜面だけ。それでは意味がない。コントロールしてこそ楽しいのだ。
2012年2月4日 11:35:03 Keitai Webから

斜面がクリアになるとついつい好きなように滑ってしまう。技術向上にはほとんど役にたたないのだが、まあ楽しいのでよしとしよう。
2012年2月4日 11:42:18 Keitai Webから

うおー、また斜面がクリアだったよー。楽しいけどよー。
2012年2月4日 11:46:01 Keitai Webから

さすがに今回はクリアではなかったので、プルークに戻してみる。
2012年2月4日 11:51:46 Keitai Webから

次滑って今日は終了。
2012年2月4日 11:57:11 Keitai Webから

今回のスキーで収穫があったのは、靴の中の足の状態に改めて気づいた事だろう。あまり意識していなかったのだが、踏み込んだ時の感覚は左右でかなり違う。

足の形についていえば、自分の場合右足は足先が少し外側に開いていて、やや外側に重心がかかってしまう傾向があり、膝を落として踏み込んだ際に、左はまっすぐ親指の付け根付近に乗れるのに対して、右足は小指の付け根あたりに力が集中してしまうのだ。

これはある意味物理的なものなのだが、結局その分しっかり意識をする必要があるという事だろう。右足の場合、親指の付け根に力を集中させるには、やや膝を内側にひねる必要がある。ひねる事による負担がやや気になるが、あるいは日常の中で右足の場合開きを矯正できるのであれば、そういった試みをしても良いだろう・・・趣味のスキーにそこまでするか?という問題はさておき。

さて、この日のこの後のツイートはこんな感じ。

足湯につかりながら原稿チェックするなり。
2012年2月4日 12:39:27 HootSuiteから

さて、帰ってきたので今度は楽器の練習へ。一度落ち着いてしまうと動くのがしんどくなるな~。
2012年2月4日 15:33:38 HootSuiteから

カラオケボックスに行ったら満室だった。さて困ったな。この近所は他に練習できるところがない。実家に行くか・・・。
2012年2月4日 15:48:56 HootSuiteから

さて、練習しますか。しかしもう少し部屋が暖まってくれるといいな~。
2012年2月4日 16:59:52 HootSuiteから

楽器の練習についてツイートはないのだが、この日はそれでも多少暖かく、なんとか落ち着いて練習はできた。グローフェのフィンガリングをようやく考えながら、音のイメージができないので部分的に音源を作成する事を思いつく。

で、この日はそこまでやったのだが、それはまた別の機会に書く事にしよう・・・できたら。

|

« フィクションという「嘘」 | トップページ | 室内楽をもっとやりたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/53915023

この記事へのトラックバック一覧です: 右足の親指の付け根に乗る:

« フィクションという「嘘」 | トップページ | 室内楽をもっとやりたい »