« 1日使ってみて(とりあえず)感じたこと | トップページ | 短い文章によるアウトプット »

2012年5月23日 (水)

個人練習で何を強化していくか

今日はiPadではなくMacBook Airを持ち歩き。iPadは便利なのだが、何でも出来るわけではない。
じゃあMacBook Airでいいじゃないかといえば、こちらも万能ではなく、特に使い勝手や取り回しやすさではiPadに軍配があがる。

そんな訳で持ち物が増えていってしまうわけだが、すべてを一つで済ませるのは難しいということにしておこう。

さて、府中の練習も佳境に入ってきた。先日の練習ではアンコールに「本当にこれやるの?」というダメ出しもあったりして、正直な話、自分自身笑えなくなってきた。ここからの追い込みに強いことは承知しているが、それにしても実際にやばそうな感じではある。

もっとも、追い込みに強い、というのはやや語弊がある。市民オケだからやむを得ない部分もあると思うが、直前に一気に調子が上がるのは、それまでの練習とはインターバルが異なって「忘れなく」なるからだ。露骨な言い方をすれば、通常2週間はあいてしまう同じ曲の練習間隔が1週間になることで、前回を覚えている確率が高くなっているだけで、だったら個人練習をしっかりやって忘れないようにしろよという話ではある。

とはいえ、個人練習ではカバーできない側面もある。先日の練習では「やったら出来るんだけど、また次忘れているんだよねぇ」という指摘もあったのだが、これは「忘れている」というよりも「その時出来た根拠が分かっていない」のではないかと睨んでいる。たまたま出来ただけで、何故そのようにやったのか、どうやれば次も出来るのか、ようするに同じ形に再現できないのだ。
(もっとも、実際に「忘れているだけ」という事も実際にはある。解釈上の注意点などは、忘れなければ間違えようもないのだが、そうした箇所が抜け落ちるのは単なる怠慢だろう。)

こうした「分かっていない」部分というのは、個人練習で強化のしようがない。場合によっては「間違えた形」でさらに練習を強化してしまう場合もある。弦楽器の場合、一部が出来ても出来たように見えてしまう場合があるから、合奏の際にその調整ができていなければ、いくら個人練習をがんばっても、貢献できない(むしろ邪魔をする)事になってしまう。

本来そのあたりはパートリーダーがきちんと調整しなければいけないのだが、個人的にはなかなかそこまで手が回らず・・・とはいえ、以前はやっていたような注意点のまとめなどは、ここらできちんとやって置かなければならないかもしれない。ああその時間が・・・。

|

« 1日使ってみて(とりあえず)感じたこと | トップページ | 短い文章によるアウトプット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/54779094

この記事へのトラックバック一覧です: 個人練習で何を強化していくか:

« 1日使ってみて(とりあえず)感じたこと | トップページ | 短い文章によるアウトプット »